動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

イベント・講座

【ユース体験レポート】野菜が新たに帰ってくる!?「おかえりやさい」を知って学んで味わって楽しもう!
2018-01-19 09:25

hatake現在、なごや環境大学ではユース事業「共育講座体験ツアー」を実施中。そんななか、参加学生からの体験レポートが届きましたので、ご紹介します!
↓↓↓

はじめまして!
今回はじめて、なごや環境大学の講座を体験させていただきました、愛知淑徳大学3年生の堀部と申します!
私は、12/15に開催された「おかえりやさいプロジェクト」さんの講座『バスでめぐる「おかえりやさい」見学ツアー・おかえりやさい収穫体験編』に参加しました!

「おかえりやさい」とは、名古屋市のスーパーや一般家庭、レストランやホテルなどから排出される生ごみ(食品循環資源)をたい肥化し、そのたい肥を使い名古屋市や近郊の農家で作られた野菜のことです。

今回の体験内容は、おかえりやさいが実際に販売されているスーパーを見学し、そこで出ている生ごみの回収現場を見学、その後、その生ごみを堆肥へとリサイクルしているバイオプラザなごやを見学し、最後に実際にリサイクルされた堆肥を使って育てている野菜を収穫体験しました。
3時間程の短い時間でしたが、とても充実した内容で、本当に楽しかったです!!
okaeriyasai171215

生ごみは深刻な問題です。食べ物に困らない日本では、まだ食べられるものがたくさん捨てられています。その生ごみは80%以上が水分です。燃えるごみとして捨てるより、堆肥にした方が無駄なエネルギーを使いません。
おかえりやさいを育てることで、ごみが減るため環境にも良い!
野菜も元気に育ち化学肥料の使用も減らせたので体にも良い!
すごく素敵ですよね。

収穫体験では、大根・桃かぶ・紫のカリフラワー・黄色のカリフラワー・ニンジン5本もゲット!!自分で採った野菜は大切に食べますし、何より甘くておいしかったです!!

環境に良い循環を学びませんか?

環境講座をつくる目線を学ぼう!(学生向け)
2017-11-02 09:33

kouzatourなごや環境大学では、この秋~来春にかけて、学生向け企画で「自分で選ぶ!共育講座体験ツアー」を開催します。
こちら、若者の皆さんになごや環境大学の環境講座(共育講座)を受講したり、一緒に野外のエコツアーを体験しながら企画の立て方・講座の作り方のポイントを学んでもらい、「自分たちならこうするのに」、「こんな講座があったらおもしろい!」といったアイデアを聞き今後の企画に活かしていこう!というもの。

企画を立てることに興味のある方、「環境講座ってどんなものか知りたい」という素朴なギモンをお持ちの方も、ぜひご参加ください!
くわしくは、以下のなごや環境大学ウェブサイトまで。ご不明点がありましたら、事務局へお問い合わせください。
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza17a/op03.html

「なごや環境大学」実行委員会 事務局
TEL:052-223-1223
メール:jimu@n-kd.jp

 

【間もなく締切】2017年度後期 共育講座企画者募集
2017-06-28 14:22

kouki_web10002017年度後期共育講座の募集締切は6/30まで。
まだまだ皆さまのご応募をお待ちしております!
—————————————————————————————————————
なごやの環境をよりよいものにするために、環境への想いや知識を講座というかたちにしませんか。 環境をキーワードとして、共に学び、育ちあうための環境講座を募集しています。

詳細は募集要項をご覧ください。 →https://www.n-kd.jp/about/advertise.html

選考のうえ採択された企画には、講座開催経費の一部を、負担金として支給します。
応募は6月30日(金)必着です。電子メールのみで受付ます。

【募集期間】 2017年6月1日(木)~ 6月30日(金)必着
(講座実施期間 2017年10月~2018年3月)

【共育(きょういく)講座とは?】
名古屋市内および近隣地域をキャンパスとして、「環境」をキーワードに、共に学び合い、育ち合う環境講座を「共育講座」と表現しています。
2016年度は、年間で132の共育講座が開催されました。

2016年度共育ゼミ報告会&拡大企画者交流会を開催!
2017-06-21 16:45

6月10日、2016年度共育ゼミナール・講座の報告会と感謝状の授与、フリーの交流タイムと盛りだくさんの内容で開催しました。

普段は講座がはじまる前の時期に行っていた団体さん同士の交流会を、今回は趣向を変えて実施後の活動報告として実施。みなさん、活動してみての成功・失敗の体験談から実用的なノウハウ交換まで、活発にお話しされていました。

講座の受講者さんもかけつけてくれ、和やかなうちに終了しました。2016kouryu

 

10周年記念事業報告
2016-04-01 15:05

2015年3月20日、「なごや環境大学」は10周年を迎えました。

これまで環境に関心を持ち関わっていただいた方々への感謝と、より多くの方々の関心と参加をいただくため、「10周年事業」として数々の企画を考え、新たな10周年に向け「未来を創るチカラ」をテーマに事業展開をしました。

くわしくは、なごや環境大学ホームページ「アーカイブ」にレポートが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

https://www.n-kd.jp/about/archive/

環境報告会&ワークショップ(全国都市緑化あいちフェア参画)
2015-10-25 19:17

日時:20151011日(日)10:0016:30
場所:愛・地球博記念公園内  地球市民交流センター 体験学習室23

第32回 全国都市緑化あいちフェアに参画し、「なごや環境大学」で活躍中の団体活動の発信を通して、なごや環境大学の魅力を来場者のみなさんに広く伝えました。体験学習室2をワークショップエリア、体験学習室3を座学エリアとして展開しました。

1.講演会・座学(地球市民交流センター 体験学習室2にて)

10:30~12:00
◆タイトル◆
セアカゴケグモ・マダニなど危険生物に関する講習会
◆実施団体◆
なごや外来種を考える会
朝長昌樹 氏
(公益社団法人愛知県ペストコントロール協会所属会社 ㈱雨宮相談役)
セアカゴケグモ・マダニなど危険生物に関する講習会(なごや外来種を考える会)
セアカゴケグモ・マダニなど危険生物に関する講習会(なごや外来種を考える会)

13:00~14:00
◆タイトル◆
なごや環境大学~市民が活躍する場~
◆実施団体◆
「なごや環境大学」実行委員会
◆講師◆
岸田眞代 氏(なごや環境大学実行委員 講座チーム ゼミナール担当)
対談者:野中賢輔 氏(なごや外来種を考える会 代表)
なごや環境大学~市民が活躍する場~(「なごや環境大学」実行委員会)
なごや環境大学~市民が活躍する場~(「なごや環境大学」実行委員会)

14:00~15:30
◆タイトル◆
名古屋のリス保全の活動と環境教育
◆実施団体◆
守山リス研究会
◆講師◆
北山克己 氏(守山リス研究会 会長)
名古屋のリス保全の活動と環境教育(守山リス研究会)
名古屋のリス保全の活動と環境教育(守山リス研究会)

会場内になごや環境大学で活躍中の共育ゼミナール企画団体紹介コーナーを併設し、来場者の方々に講演会・座学の受講とあわせて、その多岐にわたる活動内容を知っていただきました。
【共育ゼミナール紹介コーナー】
・共育ゼミナール活動パネル展示
・共育ゼミナール各企画団体発行の成果物の配架、閲覧スペース

2.ワークショップ(地球市民交流センター 体験学習室3にて)

◆タイトル◆
都市の自然も馬鹿にできない!
◆実施団体◆
都市の自然のモノサシ研究会
◆内容◆
いきものクイズ/この木を探そう! /好きな緑VSキライな緑 など
kankyohokokukai4

 

◆タイトル◆
森のめぐみでマツボックリリース、ツリーをつくろう
◆実施団体◆
守山リス研究会
◆内容◆
マツボックリを活用したリース・ツリ―づくりワークショップ
kankyohokokukai5

 

◆タイトル◆
なごや環境大学café(休憩コーナー)
◆実施団体◆
「なごや環境大学」実行委員会
◆内容◆
・Caféコーナーにて、ハーブティーを提供。来場者に休憩していただきながらガイドブックや、同室でワークショップを行っている団体さんの活動を通して、なごや環境大学について知っていただきました。
・なごや環境大学10周年記念パネル展示
kankyohokokukai6
なごや環境大学café

kankyohokokukai7
なごや環境大学10周年記念 パネル展示

 

 

 

 

 

ESD写真展 やさしい未来に・・・from WonderLAND まだまだ展示しています♪
2014-08-13 11:04

こんにちは。なごや環境大学事務局のいとうです。
今、名古屋のセントラルパーク内でとてもステキな展示をしております♪

「ESD写真展 やさしい未来に…from WonderLAND」
アフリカの大地で営まれている「いのちの連鎖」
今ある命、未来の命に想いをはせて
“ひとつの地球でつながっている 一緒に生きている”
そんなキモチになる写真展を開催しています。

日 程:平成26年8月5日(火)~8月17日(日) 10:00~18:00
場 所:セントラルギャラリー(地下鉄久屋大通駅3番出口)
共 催:NPO法人ワイルドライフ名古屋支部、なごや環境大学、
   環境省中部環境パートナーシップオフィス

宮嶋英一氏(サバンナクラブ幹事、動物写真家)の写真提供により
アフリカの動物、そこで暮らす人々、とても見応えのある展示となっています。

今週日曜日8月17日まで展示を行っております。
名古屋、栄にお立ち寄りの際は是非足を伸ばしてみてください♪

IMG_5850

あいち・なごやESDフェスタ2014に参加!
2014-06-11 09:50

6月7日(土)・8日(日)、オアシス21で行われたESDユネスコ世界会議の半年前イベントに出展しました。
IMG_6112
IMG_6107なごや環境大学のブースでは、講座のガイドブックの配布、ESDを体感するためのスタンプラリーの実施を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6113

また、この会場に出展している様々な企業や団体とのつながりや一体感を強調するためのESDボードを作成し、各団体さんに依頼した所、参加団体の全てがブースにメッセージを掲げてくれる事になりました。

 

 

IMG_6114

そして、なごや環境大学のお隣に中部EPOさんと、SNPメンバーが運営する山田組&ナックプランニングのブースが出展、お互いに協力しながら、イベントを楽しみました。

 

 

IMG_6116

 

 

 

 

 

ESDユネスコ世界会議の本番まで、あと半年。
なごや環境大学が果たすべき役割を考えながら、イベントで終了では無くESDを継続していく仕組みづくりを考えていきたいと思います。

WINTER CONCERT2013 ?愛と音楽は未来への懸け橋を創る?
2013-12-10 13:25

12月8日(日)?アートピアホールにて
なごや環境大学 プランタン管弦楽団 共催のコンサート、
WINTER CONCERT2013 ?愛と音楽は未来への懸け橋を創る?
が行われました。

第3回目を迎えたこのコンサート。今回のテーマは、「愛」「未来」。
ESDのお話を軸に、音楽とのコラボで皆さまにお届けしました。

指揮者コーナーa

写真は指揮者コーナーで、指揮体験をしてくれたお子さん方です。とても上手でしたよ!

特別ゲストの「オケ太郎」(写真右)も見守る中、
みんな堂々としていてカッコよかったです!!
指揮に使ったタクトと、ESDのイラストがついたESDグッズが贈られました。

 

会場のお越しの皆さまには、もれなく
なごや環境大学のキャラクター、エッコちゃんファイルもお持ち帰りいただきました。

でも一番のお土産は、
ESDのお話がプランタン管弦楽団さんの演奏と共にダイレクトに観客の皆さまのもとに届き、持ち帰られたことだと思います。
心に残る演奏会として刻んでいただけたら嬉しいです。

ご来場下さいました皆さま、各関係者の皆さま、
本当にありがとうございました。

 

 

ESDカフェ♪ ?2014年に向けてがんばるよっ!?ご報告
2013-07-23 11:44

2013年6月29日(土)になごや環境大学主催講事業「名古屋を変える! 経験交流と本音トーク!?環境活動交流ワークショップ?」を開催。ライフスタイル、いきもの調査、ESD、企業の環境活動という4つの分科会形式で関係団体の経験交流と本音トークを行いました。
ESD分科会ではお茶やお菓子を食べながら、カフェのように気軽にESDについて話し合う「ESDカフェ♪」を行いました。様々な地域や角度でESD的アクションをするみなさんに活動概要と話題提供をしていただきましたので、この内容を報告します。

IMG_3441

IMG_3465

【概要】
実施日:2013年6月29日(土)
時 間:13:30?16:30
場 所:名古屋文化短期大学 A棟501
参加者:28人
主 催:「なごや環境大学」実行委員会

IMG_3455

【プログラム】
●あいさつ(ESD推進チーム紹介)
●アイスブレーク(デートゲーム♪)
?デートの約束をして自己紹介をしあう時間
●ESDプレゼン「私にとってのESD」
● ESD世界会議に向けて参加者から一

IMG_3484

【ESDカフェの会議を終えて】
出席者のみなさんからの「WISE USE(気付かせる)」「感性は無限大」「人間は自然の中で生かされる」などのメッセージ、ESDソングや手作り絵本の紹介、アフリカの野生生物のスライド、こどもや大学生の活動発表。多様な世代、活動、思いがつながった、盛りだくさんの3時間でした。
今回参加いただいた方を核として、さらにESD仲間を増やしつつ、2014年に向けてそれぞれの活動の深化、そしてつながることによるダイナミックなESDムーブメントを起こしたい。そんな思いを育てていきたいと思います。

IMG_3490

IMG_3523