動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

イベント・講座

【報告】企業向けSDGsオンラインセミナー「SDGs実践企業から学ぶ」第3回「新たな事業機会の創出」開催しました!
2022-01-22 09:42

2022年1月21日(金)14:00~15:00にて実施した企業向けSDGsオンラインセミナー「SDGs実践企業から学ぶ」第3回を実施しました!

今回は「新たな事業機会の創出」をテーマに、こだわりの絹製品に代表される株式会社大醐 代表取締役 後藤 裕一さまに社会の課題に取り組むことになった経緯や考え方、具体的な商品開発や協働の活動の事例等をお話いただきました。

環境にも福祉にも配慮がされた商品を実際にお持ちいただいて、見せていただきました!
(写真で持っているのが実際の商品です!こだわりは後日、今回のアーカイブをYouTubeに掲載予定ですのでそちらで確認してね!)
たくさんご質問をいただきましたので、そちらも後藤様にお伺いして動画と一緒に皆様にお知らせしたいと思います!

次回、第4回「経済からみたSDGs」は2/25(金)14:00〜15:00より、加藤 康博さま(名古屋市信用保証協会 企画部企画経理課長)をお招きして、SDGsに取り組む企業に対する新たな信用保証制度などをコロナ禍での最新情報と合わせてお話しいただきます!

たくさんのみなさまのご参加、お待ちいたしております!

申し込みはこちらから。

【報告】2年ぶりの開催!「愛岐の里山たいけん隊~秋の里山にいこう!~」
2021-11-25 11:37

2021年11月13日(土)『愛岐の里山たいけん隊~秋の里山にいこう!~』を開催しました!

岐阜県多治見市にある愛岐処分場で毎年春と秋に開催していた愛岐の里山たいけん隊。

愛岐処分場は、名古屋市の可燃ごみを燃やして出た焼却灰などを埋める最終処分場で、敷地内には地元諏訪町の方がもともと耕作していた棚田があります(処分場として用地買収されてから長らく放置されていたところを、協力し合って再生した、森に囲まれた素敵な里山です)。例年地元のみなさんに教えていただきながらの田植えや作物の収穫、そして自然観察を行う環境学習の場として私たちスタッフも行けるのを楽しみにしていたのですが、2020年春からは新型コロナウイルス感染症の蔓延により、中止を余儀なくされていました。

今回、募集人数を減らし一部プログラムを変更したうえではありましたが、2年ぶりに開催し、20名の小中学生にご参加いただきました。

「この下にごみが埋まっているなんて!」と驚きの埋立跡地

バスで移動し現在埋め立てをしている場所を見学

サツマイモ、里芋掘りを体験

地元有志の方、処分場の職員さんのご厚意で、大人気の五平餅焼き体験も!

日陰は寒かったけれど、心を込めて作ってくださったおいしい五平餅で、体も心も温かくなりました♪

名古屋市では小学4年生でごみの学習をしますが、実際に処分場を見学できるのはとっても貴重な体験。みなさん自然を楽しみながら体験していました。

更に午後は、愛岐トンネル群保存再生委員会の方のご協力で、普段は一般公開時期以外入ることができない愛岐トンネル群を散策しました。

とても美しいレンガ造りのトンネル。気になる方はぜひその目で確かめて!

次回の「愛岐の里山たいけん隊」は来年春を目指して企画中です!

対象の小学4年~中学2年生がいらっしゃるおうちの方は、

ぜひ2022年3月からの講座のラインナップをチェックしてくださいね!

 

早くみんなでわいわい交流できる日が来るといいな。

SDGsオンラインセミナー第6回 事後報告
2021-02-13 11:16

気象予報士で、防災士、環境省地球温暖化防止コミュニケーター、三重県新エネルギービジョン推進会議委員、(公)三重県下水道公社評議員など多方面でご活躍の多森成子さんをお招きして、2021年1月8日(金)13:00~14:00 SDGsオンラインセミナー2030年の先をみつめる人々第6回「気候変動に適応していくために」を開催いたしました。

今回残念ながらご参加いただけなかったみなさまのために、YouTubeチャンネルにて動画を期間限定公開いたしますので、下記URLよりぜひご覧ください。

【動画URL】
https://youtu.be/NkgjUKXFBP0

★時間内にお答えできなかった質問にお答えいただきました★

<質問と回答>
【ご質問①】
2020年の気温は過去最高だったとのことですが、何℃だったのでしょうか。

【回答】
2020年の日本の平均気温の基準値(1981~2010年の30年平均値)からの偏差は+0.95℃で、1898年の統計開始以降、2019年を上回り最も高い値となりました。

日本の平均気温偏差は、長期間にわたって観測を継続している気象観測所の中から、都市化による影響が比較的小さく、また、特定の地域に偏らないように15地点が選定されています。データ元:気象庁ホームページ

【ご質問②】
温暖化しないための対策などは自分では省エネをこまめに頑張るくらいしか思いつかないので、ほかにもあったらお聞きしたいです。

【回答】
地産地消や環境に配慮した物を買う。
輸送にかかるエネルギーを減らすことができます。

【ご質問③】
温暖化が進むことで冬の気温が高くなるのならば、かえってコロナを予防できるなどに効果がある感じもします。温暖化には、何かメリットの側面もあるのでしょうか?

【回答】
冬は冷え込みが弱くなるので、光熱費が少なくて済むメリットが考えられます。
ただし夏は高温になりますので、エアコンの使用電力量の増加が予想されます。

【ご質問④】
2050年温室効果ガス排出ゼロに向けて、現在でも節電・省エネ等には心がけているが、今後、特に家庭で取り組めばよいか。

【回答】
それを引き続き行ってください。

【セミナーでの質疑応答の補足】
「温暖化すると冬がなくなるの?」「日本は亜熱帯化するの?」という質問 について。
四季はなくならないですが、今より初雪が遅れたり紅葉や桜の時期がずれたりします。

昭和区の魅力アップ策を考えよう!第4回
2020-12-12 17:46

こんにちは!前回の投稿に続き、ファシリテーターの飯田です。

12/3(木)に、昭和区まちづくりイベントの第4回目が行われました。

今回は川名公園、興正寺公園のそれぞれでグループに分かれて、プロジェクトの内容を深めていきました。

はじめに、それぞれの公園のグループがどのようなことを行うかを代表者に発表していただきました。その後90分ほどプロジェクトの話し合いをしました。そして残りの時間で、決まった内容をもう一度発表していただきました。川名公園の班は防災訓練を兼ねたキャンプやイースターの時期に合わせたイベントを計画し、興正寺公園の班はスタンプラリーなど人を集める計画をしていました。

そして発表終了後に、なごや環境大学の方や昭和区役所の方からフィードバックをいただき終了しました。

今回のイベントを通して、プロジェクトを実現させるために、現実的な視線も持ち合わせることがとても重要であると感じました。そしてそれは、自由なアイデアを持つ学生だけではなく、様々な知識を持ち合わせる方々との協力が必要であると考えました。それぞれのいいところをより掛け合わせれるように、ファシリテーターの立場として、架け橋になりたいと強く思いました。

みちにわSDGsマルシェを開催しました!
2020-12-12 17:29

なごや環境大学では、まちづくりプロジェクトとして錦二丁目を舞台に、地域・事業者・教育機関・行政等の協力により、持続可能なまちづくりを進めています。

本プロジェクトの一環として錦二丁目内の道(みち)を庭(にわ)にみたてて、交流を生み出すマルシェを11/27、28の2日間開催しました。

いつもは車が行き交う道に芝生がひろがり、切り株の椅子に座って絵本を読んだり、コーヒーを飲んだり。たくさんの方にお越しいただきました。

まちづくりプロジェクトからは、以下の3つのブースを出展しました。

ツクロウ【ボタンブローチと刺繍・お直し】

CECILIA、スターキャット・ケーブルネットワーク㈱、ブラザー工業㈱、なごや環境大学ユースクラブ

Green &_【家庭菜園・堆肥】

名城大学Clean Green、ブラザー工業株、豊田森林組合、なごや環境大学ユースクラブ

名城大学プロスポーツビジネス研究会with名古屋ダイヤモンドドルフィンズ【リメイクワークショップ・エコバックとマスク】

また、食べられる器や食べられるスプーン「パクーン」によるカレーやスープの提供によりゴミ削減も。

食べられるスプーン「パクーン」
(株式会社勤労食 様 提供)

多くの皆様のご協力があり、マルシェを開催することができ、非常に多くの方に来場いただくことができました。

まちづくりプロジェクトは引き続き皆さまとのSDGsの達成に向け、検討を進めてまいります。

【参加者募集】SDGsオンラインセミナー第6回~8回
2020-12-09 10:47

なごや環境大学では、2020後期講座として、下記のオンラインセミナーを企画しました。

—————————————————————————

なごや環境大学SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々

—————————————————————————

なごや環境大学には、持続可能な社会の実現を目指して前に進む人々が集っています。

2030 年目標のSDGs のさらに先を見つめながら活動を続ける人々は、どのような考え方をしているのでしょうか?

活動に関わりが深いSDGs の目標になぞらえて活動を紹介していただきます。

全10回(個別受講可)。1回1時間、中身濃く!お伝えします。

—————————————————————————

第6回から8回はSDGsの17のゴールの中でも特に環境と関わりが深いといえる目標13~15をテーマとしてピックアップしています!

●第6回は「気候変動に適応していくために」

講師は 気象予報士/防災士/環境省地球温暖化防止コミュニケーターで三重県新エネルギービジョン推進会議委員、(公)三重県下水道公社評議員もされている多森成子さんです。

世界各地で様々な影響が現れている気候変動。今日からできる備えや具体的な対策について、最新のトピックを交えながらお伝えします。

日時:2021年1月8日(金)13:00~14:00

受講料:無料

定員:100名

講師:多森成子(気象予報士/防災士/環境省地球温暖化防止コミュニケーター/三重県新エネルギービジョン推進会議委員/(公)三重県下水道公社評議員)

申込期限:1月5日(火)

 

●第7回は「身近な海をきれいにしよう」

講師は NPO法人藤前干潟を守る会 理事長で高校教師の亀井浩次さんです。

ごみの埋立て計画から守られた藤前干潟の保全活動を通して見えた海の現状と、海の豊かさを守るために「誰でも今日からできる取組み」をお伝えします。

日時:2021年1月22日(金)19:00~20:00

受講料:無料

定員:100名

講師:亀井 浩次(NPO法人藤前干潟を守る会 理事長 高校教師)

申込期限:1月19日(火)

 

●第8回は「生き物あふれるまちを目指して」

講師はビオトープ・ネットワーク中部会長でなごや環境大学アドバイザリーボード、長谷川明子さん。

生態系から学ぶ持続可能な社会とは。たくさんの生き物が住み続けられるまちを考え、みんなで今日からできる取組みを考えます。

日時:2021年2月5日(金)19:00~20:00

受講料:無料

定員:100名

講師:長谷川 明子(ビオトープ・ネットワーク中部 会長)

申込期限:1月19日(火)

チラシは以下↓よりダウンロードできます。

SDGsオンラインセミナーチラシ(第6回・第7回・第8回)

 

全10回の情報はこちら↓(赤字)をクリックしてご覧下さい。

————————————————————–

SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々

————————————————————–

  • 申込先 上記ページの受講申し込みメールフォームより、お申込みいただけます。

 

【問合せ】

「なごや環境大学」実行委員会事務局(エコパルなごや内)

E-mail:webinar@n-kd.jp

TEL&FAX:052-223-1223

————————————————————–

昭和区の魅力アップ策を考えよう!第3回
2020-11-20 18:12

こんにちは!
中京大学4年の飯田裕大と申します。

今回、なごや環境大学と昭和区役所が共催している「昭和区内の公園の魅力アップ!」をテーマにしたワークショップの、ファシリテーターとして運営に関わっています!

11月12日(木)に、当イベントの第3回目として、プロジェクト案企画を行いました!

今回も、高校1年生から大学3年生までの幅広い学年の学生や、社会人の方が参加しました!

はじめに、昭和区役所の中野さんが前回と前々回の振り返りを行いました。そして企画立案についての説明を終えた後、個人ワークの時間を設けました。個人ワークの時間では、調査した公園の現状分析を行い、そこから何が必要かなどのアイデア出しを行いました。

その後全員が輪になり、各自のアイデアを発表しました。そして川名公園と興正寺公園の2つのチームに分かれて、各チームごとでどんなことをしたいのか話し合いをし、ワークショップは終了しました。

イベントを通して、参加者のみなさんがアイデア出しでとても悩んでいるように感じました。現実把握で、問題点や改善点を見つけることはよく出来ていて、解決策も抽象的にではありますが思いついてる印象でした。

ですが、その解決策が現実離れしているように当人が感じていたそうです。 せっかく思いついたアイデアなので是非大事にしてほしいと思うと同時に、学生のみなさんの想像力に溢れたアイデアはとても貴重なので、そのような力が100%発揮できる環境を今後のイベントでも整えたいと強く思いました。

【参加者募集】SDGsオンラインセミナー 第5回:well‐being 心豊かに働く・暮らす・共に生きる
2020-11-20 15:54

なごや環境大学では、2020後期講座として、下記のオンラインセミナーを企画しました。

—————————————————————————

なごや環境大学SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々

—————————————————————————

なごや環境大学には、持続可能な社会の実現を目指して前に進む人々が集っています。
2030 年目標のSDGs のさらに先を見つめながら活動を続ける人々は、どのような考え方をしているのでしょうか?

活動に関わりが深いSDGs の目標になぞらえて活動を紹介していただきます。
全10回(個別受講可)。1回1時間、中身濃く!お伝えします。

—————————————————————————

第5回は「well‐being(ウェルビーイング) 心豊かに働く・暮らす・共に生きる」

講師はフィトラボ代表でセラピストの松本イズミさんです。

「人生100年時代」が迫る中、今の時代に適応した持続可能な働き方や暮らしとは何か。根底にある自然・社会・人の関係性も、考えてみましょう。

日時:2020年12月18日(金)13:00~14:00

定員:100名

受講料:無料

講師:松本 イズミ(自然療法スクール&サロン re.born by フィトラボ 代表/環境カウンセラー)

プロフィール:

インテリアコーディネーターや営業職を経てセラピストとなる。
‘植物との心地よい暮らし’をキーワードに自然療法スクール&サロンを運営。自社スクール以外にも自治体や企業の講演等において、暮らしの中での植物の活用法を通して、人と植物が共存できるライフスタイルを提案している。
人も地球も健やかであることを願い、ライフワークとして環境啓発活動も積極的に行っている。
なごや環境大学実行委員やアースデイ愛知事務局長、愛知県環境審議員を歴任。
環境省登録 環境カウンセラー。

申込期限:12月15日(火)

チラシは以下よりダウンロードできます。
SDGsオンラインセミナー チラシ(第5回)

  • 全10回の情報はこちら↓からご覧下さい。

————————————————————–

SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza20a/A-04.html

————————————————————–

  • 申込先

上記ページの受講申し込みメールフォームより、お申込みいただけます。

【問合せ】

「なごや環境大学」実行委員会事務局(エコパルなごや内)

E-mail:webinar@n-kd.jp

TEL&FAX:052-223-1223

————————————————————–

企画者向け『はじめてのオンライン共育講座』を開催しました!
2020-10-27 16:11

2020年に入って新型コロナウイルス感染症の拡大により、生活スタイルや行動の変容を迫られた方も多いと思います。
なごや環境大学の共育講座も、前期は共育講座の多くが中止・延期を余儀なくされました。

直接会える、話せる、体感・体験できる、が共育講座の魅力の一つではありますが、
新型コロナウイルスの流行により直に集まれないときでも、待ったなしの環境問題。

そこで、10月24日(土)共育講座を企画したいと考えている団体のみなさん向けに、
「はじめてのオンライン共育講座」と題し、実際に一緒に機器を操作しながらzoomの基本操作を学び、ホスト(配信側)の操作を一通り学べるスキルアップ講座を開催しました。

講師の長谷香代子先生(株式会社KYOSHIN取締役)は、国内外でオンラインを使った電話対応研修やオンライン社内研修を開催されているほか、オンラインで行うイベントや異文化交流会などのホスト経験も豊富。
初期設定のお話など、初心者が見落としてしまいがちなポイントも教えていただきました。

参加者のみなさんからは、「わかりやすく説明していただいた」、「zoomを使ってみたいと思えるようになった」などの声が寄せらせました。

なごや環境大学では、今後も様々な観点から環境に関わる講座や事業を行っていきます。

【予告】
11月は2021年度前期の共育講座および2021年度の共育ゼミナール公募期間です!
募集要項等の公募情報は、11/1(日)9:30以降に
https://www.n-kd.jp/about/advertise.htmlで公開します。

【参加者募集】SDGsオンラインセミナー 第4回:こども特急便 声をつなぐ場づくりと食
2020-10-23 15:55

なごや環境大学では、2020後期講座として、下記のオンラインセミナーを企画しました。

—————————————————————————

なごや環境大学SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々

—————————————————————————

なごや環境大学には、持続可能な社会の実現を目指して前に進む人々が集っています。

2030 年目標のSDGs のさらに先を見つめながら活動を続ける人々は、どのような考え方をしているのでしょうか?活動に関わりが深いSDGs の目標になぞらえて活動を紹介していただきます。

全10回(個別受講可)。1回1時間、中身濃く!お伝えします。

—————————————————————————

第4回は「こども特急便 声をつなぐ場づくりと食」

講師はこどもNPOの根岸恵子さんです。

コロナ禍において、子どもたちの過ごす環境が大きく変容しています。

この非常時禍の子どもたちの声を聴き、うまく言葉にならない声を拾えるしくみをつくり、届いた声の需要に応答した食・物資を届けていこうと始まったのが、「子ども特急便」です。

その先には、地域の一員である子どもたちが地域社会から置き去りにされないよう、寄り添い、代弁し社会につなげ問題を解決していく「こどもの声が届くまちづくり」があります。

非常時だけでなく、平常時の地域の支えあいにつながることを目指した、関係性・つながり・環境づくりの活動についてお話します。

日時:2020年12月4日(金)13:00~14:00

定員:100名

受講料:無料

講師:根岸 恵子(特定非営利活動法人こどもNPO事務局/事業責任者)

【プロフィール】市民活動として自宅を開放して10年間、子どもの居場所づくりや学習支援・課題を持ち生きづらさを抱える親子の自助グループのサポート等、子育てしながらピアサポートを行った後、現在はNPOで子どもと共に社会参画をする活動に従事している。

職歴は、愛知医科大学病院小児科児童心理、名古屋大学院理学研究科素粒子宇宙物理高等研究所、なごや環境大学実行委員会事務局を経て、現在のNPOに所属。児童館の館長も務めている。なごや環境大学主催のESDユネスコ世界会議交流セミナーで現所属NPOと出会い、そのミッションに共感し現場に飛び込んだ。

申込期限:12月1日(火)

チラシは以下よりダウンロードできます。

SDGsオンラインセミナーチラシ(第4回)

全10回の情報はこちら↓からご覧下さい。

————————————————————–

SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々

https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza20a/A-04.html

————————————————————–

申込先

上記ページの受講申し込みメールフォームより、お申込みいただけます。

 

【問合せ】

「なごや環境大学」実行委員会事務局(エコパルなごや内)

E-mail:webinar@n-kd.jp

TEL&FAX:052-223-1223

————————————————————–

【参加者募集】「はじめてのオンライン共育講座」(スキルアップ講座)開催します!
2020-10-06 17:23

新型コロナウイルスの流行により直に集まれないときでも、環境問題は待ったなしです。

そこで、なごや環境大学ではこの度、オンラインでの共育講座を企画したいと考えている団体のみなさん向けに、「はじめてのオンライン共育講座」と題し、スキルアップのための講座を開催します。

はじめての試みとなる今回は、普段使われているパソコンなどの機器を実際に一緒に操作しながらzoomの基本操作を学び、ホスト(配信側)の操作を一通り学んで、オンラインで講座が開催できるようになることを目指します。

持参できる機器がない方はタブレットの貸出も可能ですので、ご相談ください。

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。

「はじめてのオンライン共育講座」(スキルアップ講座)

【日時】2020年10月24日(土)13:30~15:30

【場所】名古屋市環境学習センター エコパルなごや ワークショップルーム

名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ13F

【定員】先着30名

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。

これから講座を企画してみたい、ご新規団体の方も大歓迎です!

詳細は以下チラシをご覧ください。
はじめてのオンライン共育講座

お問い合わせ・参加お申込みは「なごや環境大学」実行委員会事務局まで。

メール:jimu▲n-kd.jp  ※▲を@に変えて送信ください。

みなさまのご参加お待ちいたしております!

【参加者募集】SDGsオンラインセミナー第3回:人と環境を守るフェアトレードな世界
2020-10-06 16:52

なごや環境大学では、2020後期講座として、下記のオンラインセミナーを企画しました。
—————————————————————————
SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々
—————————————————————————
なごや環境大学には、持続可能な社会の実現を目指して前に進む人々が集っています。2030 年目標のSDGs のさらに先を見つめながら活動を続ける人々は、どのような考え方をしているのでしょうか?活動に関わりが深いSDGs の目標になぞらえて活動を紹介していただきます。
全10回(個別受講可)。1回1時間、中身濃く!お伝えします。
—————————————————————————
第3回は「人と環境を守るフェアトレードな世界」
講師はフェアビーンズ なごや地球ひろば店の加古麻理江さんです。

フェアトレードは、働く人が正当な報酬を受けられ、安心して生活できる持続可能な社会を創るしくみです。公正な取引であるフェアトレードにより、生産者の労働環境や子どもたちの権利、環境も守られます。

私たちが身近に実行できることを一緒に考えてみませんか?

日時:2020年11月20日(金)19:00 ~20:00
定員:100名
受講料:無料
講師:加古 麻理江(フェアビーンズ なごや地球ひろば店/NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク理事)

【プロフィール】南半球13ヶ国をめぐるピースボート乗船後、ケニアのスラム街で作られたコミュニティトレード商品の委託販売、国際協力ボランティア活動、子どもに関する活動を行うNPO職員を経て、有限会社フェアトレーディングが運営するフェアビーンズなごや地球ひろば店に勤務。

申込期限:11月17日(火)

チラシは以下よりダウンロードできます。
SDGsオンラインセミナー チラシ(第3回)

全10回の情報はこちら↓からご覧下さい。
————————————————————–
SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza20a/A-04.html
————————————————————–

【申込先】
上記ページの受講申し込みメールフォームより、お申込みいただけます。

【問合せ】
「なごや環境大学」実行委員会事務局(エコパルなごや内)
E-mail:webinar@n-kd.jp
TEL&FAX:052-223-1223

 

 

 

 

 

 

【参加者募集】森イキ!木琴づくりワークショップ
2020-09-29 11:55

森の木から楽器をつくって しぜんの音色をかなでよう!
木琴づくりワークショップ


森の木でできた「けんばん」を組み合わせて、自分だけのオリジナル木琴をつくります。
けんばんは、木の種類や長さによって、たたいた時の音がちがうんです。
見つけたいのは、正しい音ではなく「自分の好きな音」! 選んだけんばんに絵を描いて、完成させましょう。
森の手入れをしている設楽町の方からのお話もあります。

日 時:2020年10月17日(土)10:30~12:30

場 所:エコパルなごやワークショップルーム
(名古屋市中区栄一丁目23番13号 伏見ライフプラザ13階)

講 師:ワークショップ/中森浩二さん(TIPTOP代表/グラフィックデザイナー)、森のお話/近藤肇さん(設楽町神田区長)

参加費:1セット400円

対 象:森が好き、森林保全・森林活用に興味がある方ならどなたでも
※親子参加歓迎。中学生以下の方は、保護者の方同伴でお願いします。

定 員:10組20名程度

申込、詳細については以下森イキ!プロジェクトサイトよりご確認ください。
https://n-kd.net/moriiki/custom_news/bosyu-nagoyast3/

【参加者募集】SDGsオンラインセミナー第1回:木のイノベーションで森とまちの未来をつくる
2020-09-24 16:43

なごや環境大学では、2020後期講座として、下記のオンラインセミナーを企画しました。


なごや環境大学SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々

———————————————————————————————————–

なごや環境大学には、持続可能な社会の実現を目指して前に進む人々が集っています。
2030 年目標のSDGs のさらに先を見つめながら活動を続ける人々は、どのような考え方をしているのでしょうか?
活動に関わりが深いSDGs の目標になぞらえて活動を紹介していただきます。
全10回(個別受講可)。1回1時間、中身濃く!お伝えします。


第1回は「木のイノベーションで森とまちの未来をつくる」
講師は竹中工務店の河崎泰了さんです。

建設業界においてどういった取り組みが2030年のSDGs達成の先につながっているのでしょうか?
木造木質建築の技術革新と「森林グランドサイクル」で持続可能なまちづくりを考えます。

日時:2020年10月23日(金)13:00~14:00
受講料:無料
定員:100名
講師:河崎 泰了
(株式会社竹中工務店 木造・木質建築推進本部 営業・プロモーショングループ 副部長)
申込期限:10月19日(月)

チラシは以下よりダウンロードできます。
SDGsオンラインセミナー チラシ(第1回・第2回)

●全10回の情報はこちら↓からご覧下さい。
————————————————————–
SDGsオンラインセミナー 2030年の先をみつめる人々
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza20a/A-04.html
————————————————————–
●申込先
上記ページの受講申し込みメールフォームより、お申込みいただけます。

【問合せ】
「なごや環境大学」実行委員会事務局(エコパルなごや内)
E-mail:webinar@n-kd.jp
TEL&FAX:052-223-1223


 

【講座体験レポート】千年先にも持続できる社会へ
2019-12-16 11:00

みなさんはじめまして。
名古屋外国語大学3年の岩崎雪乃です。
先日参加させていただいたなごや環境大学の共育講座についてみなさんにシェアしたいと思います!

今回私が参加させていただいた講座は、瑞穂生涯学習センターさんが主催した公開講座「千年先にも持続できる社会へ」です。

会場:瑞穂生涯学習センター 講座の様子

・・・いきなりですが皆さん、人は一日何wの電力があれば生活することができると思いますか?
500w?600w?それとももっと?

答えはなんと「30w」なんです!
これは今回の講座の講師である名古屋大学大学院環境学研究学科の高野教授が行った研究・実験の結果なのですが、昔ながらのくらしの工夫や節電を意識すればこんなに少ない電力でも人間は生活できるのです。

それにも関わらず、都市部では一日平均約600wの電力が各家庭で消費されています。
普段どれだけ私たちが無駄な電力を消費して生活しているかが分かるかと思います。
地球温暖化が問題視されている現代では、いかにエネルギー消費量を減らし、発電の際に発生するCO2を削減するかが課題となっています。
福島第一原発事故を機にエネルギー問題に対する関心が高まった方も多いと思いますが、今一度エネルギー消費について考えてみませんか?

難しい話はあまりしたくないのでとどのつまり、、、

エネルギー消費を減らす=電気代が安くなる!!

そうです、エネルギー消費を抑えた暮らしは単純にみなさんのお財布にやさしい暮らしなのです。
お財布にやさしい暮らしが環境問題改善にもつながるってステキだと思いませんか?

なごや環境大学では、今回紹介した講座以外にもいろいろなテーマの講座がたくさんあるので、興味がある方はぜひ参加してみてくださいね!


※この記事は、『ユース限定共育講座体験』に参加した学生によるレポートです。
ユース限定共育講座体験については・・・
→ https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza19s/op02.html


 

【講座体験レポート】ごきそテクノカフェ
2019-12-15 11:00

こんにちは、名古屋外国語大学、国際教養学科二年の宮元茉奈佳です。
今回初めてなごや環境大学の環境講座に参加させていただきました。そこで感じたこと、分かったことなどを、皆さんにお伝えしたいと思います!

私は、10月19日に名古屋工業大学で行われた「ごきそテクノカフェ」の第一回「環境にやさしい発電と家電製品の話」に参加してきました。
参加者は高齢の方が多く、女性かつ学生で参加したのは私だけでしたが、とてもアットホームな雰囲気の中で行われました。また、講座のタイトルに「カフェ」とあるように、コーヒーやお菓子をいただきながら、なごやかな雰囲気でお話を聞くことができました!

内容は、身近な家電製品から、日本や世界の発電・エネルギーまで、幅広い視点から環境問題について考えるものでした。専門的で難しい部分もありましたが、専門用語が出てきたら詳しく解説してくれたり、進めるスピードを変えてくださったりと他の参加者の方と共に一緒に考えることができました。

家電製品から環境について考えることは初めてでしたが、省エネ家電を購入するなど、私たちにも環境にやさしい生活をすることができると、改めて実感しました。
なごや環境大学には、ほかにもいろいろなタイプの講座がたくさんあります。ぜひ家族や友達同士で参加してみてはどうでしょうか。

講座の様子(11/16実施分/写真提供:名古屋工業大学ごきそ技術士会)


※この記事は、『ユース限定共育講座体験』に参加した学生によるレポートです。
ユース限定共育講座体験については・・・
→ https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza19s/op02.html