動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

イベント・講座

講座企画にお悩みの方へ…「スキルアップ講座」開催します!
2018-09-11 17:28

なごや環境大学では、このたび、共育講座の応募にこれからチャレンジしたい方や、既に実施しているけれどももう少し上手に企画・PRしたいと感じられている方のために、『なごや環境大学スキルアップ講座』(全2回)を開催します!

P1130918

第1回テーマは「環境講座を企画しよう!」です。

・自分で共育講座を企画してみたい!…でも、全くの未経験。

・スキルやアイディアはあるけど、どうやって講座を企画したらいいのかわからない。

・人集めの方法は?運営はどうしたらいい?

そんな疑問や不安を解決しながら、アイディアだけで終わらせず、実現に向けて一歩踏み出すために企画書にまとめ上げる技を講義&ワークでお伝えします。

現在企画運営をされている方も、体系的に企画書にまとめ上げることで、改善点を見つけ出し、新しいアイディアを考えるヒントがきっとみつかりますよ!

***************************************************

スキルアップ講座 第1回「環境講座を企画しよう!」

日 時:9月29日(土)13:30~17:00(受付開始:13:00)

場 所:伏見ライフプラザ12F ソレイユプラザなごや研修室

定 員:20名程度

受講料:無料

申 込:団体名、代表者の氏名、参加人数を記入の上、メールにて事務局(jimu@n-kd.jp)までお申込みください。(市民/市民団体の方を優先・先着順)

※グループ参加もOKです(1団体3名まで)

*****************************************************

詳しくは、以下のチラシをご参照ください(PDF)。

0929sukillup1スキルアップ講座1回チラシ

 

 

 

 

 

第2回は10月27日、なごや環境大学ガイドブックを題材にした広報講座を予定しています。詳細は追ってお知らせしますので、インフォメーションをチェックしてくださいね!

2回の講座を受講されることで、「講座企画してみたいけど自信がない」というお悩みを解消して11月の公募に応募できるように組み立てています。

共育講座、自分でもやってみたいけど、大変そう…。

そんな風に感じられている方にぜひおススメです!

————————————————————————-

※共育講座を初めて知ったという方は、ぜひ以下のページをご参照ください。

なごや環境大学について https://www.n-kd.jp/about/
共育講座の募集要項(概要)https://www.n-kd.jp/about/guideline.html

kikakuko1

【参加者募集】TOYOTA SOCIAL FES !!2018
2018-09-05 10:45

2012年から始まったトヨタの社会貢献事業 全国的な水辺の環境活動イベント「アクア ソーシャルフェス」。4年間で4万人が参加したこのイベントで、なごや環境大学は「愛知県」編の企画運営に協力しています。

syugo
アクアソーシャルフェスは、今年から「トヨタ ソーシャル フェス !!」に名称が変わり、水辺に限らない環境活動イベントにリニューアルしました。

→トヨタ ソーシャルフェス !! http://toyotafes.jp/top/

「愛知県」は、愛知の自然を「知って愛そう」プロジェクトと銘打ち、第1回は、7/28(土)愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で、「外来雑草から森を守ろう!」を実施しました。

ツキとメイの家近くにある湿地の外来雑草「ブタナ」を除去する予定でしたが、あいにくの台風接近で、屋外での除草活動を断念し、室内プログラムに変更。案内人であるネイチャ―クラブ東海の篠田陽作さんに外来雑草について楽しく学ぶ講義をしていただきました。

kougi(篠田陽作さんご講義の様子)

次回第2回は、9/23(日・祝)。多くの渡り鳥が飛来し、ラムサール条約登録湿地として知られる藤前干潟での清掃活動を行います。

今年は、藤前干潟を守るきっかにもなった名古屋市の「ごみ非常事態宣言」から20年の節目の年でもあります。

今、世界的な問題になっている海のプラスチックごみにもつながる「干潟に流れついたごみ」は、どんな種類のごみが多いのか。ご自身の目で見て、拾って、実感してみませんか。

ご応募は、以下専用サイトから。締切は9月10日(月)必着です。

→トヨタソーシャルフェス[愛知県] 第2回 
http://www.chunichi.co.jp/k/tsf-aichi/

 

2017年度拡大交流会を開催しました
2018-06-28 16:18

6/23(土)にエコパルなごやにて、『なごや環境大学 2017年度 拡大企画者交流会』を開催しました!

kakudaikouryu当日はあいにくの梅雨空でしたが、ゼミや講座企画者13団体のみなさまと、ユースチームの学生、実行委員会メンバー、事務局メンバーなど総勢24名が集まりました。
会では、2017年度の講座開催への感謝状授与や、企画者のみなさんによる活動の報告、後半のフリータイムでは、それぞれ活動する中での体験談や困ったことなど、活発な情報交換が行われました。

二回目となる拡大企画者交流会ですが、例年行っている講座開始前の交流会では話すことができなかった「実際に講座を行った結果どうだったか」「こんな工夫が必要だと気付いた」など、具体的なお話もシェアしあう事ができ、お開きにするのが名残惜しいほど盛り上がっていました!

今回ご参加いただいたみなさまも大活躍の18年度前期講座がただいま開講中です。きっと参加したい自分にぴったりの講座がみつかるはず。詳しくは下記のラインナップからご覧いただけます。
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/

御前場自治会発足50周年記年事業にブース出展しました
2018-06-15 15:16

IMG_20180520_095757なごや環境大学は、5/20に開催された天白区の「御前場自治会発足50周年記年事業」にブース出展しました。
当日、名古屋学芸大学の学生さんがプロデュースしたワークショップ「おちばであーと」を行い、人気を集めました。

以下の名古屋学芸大学ウェブサイトにて、くわしく紹介されています。ぜひご覧ください!

https://sites.google.com/view/nuasdp/ニュース

【ユース体験レポート】野菜が新たに帰ってくる!?「おかえりやさい」を知って学んで味わって楽しもう!
2018-01-19 09:25

hatake現在、なごや環境大学ではユース事業「共育講座体験ツアー」を実施中。そんななか、参加学生からの体験レポートが届きましたので、ご紹介します!
↓↓↓

はじめまして!
今回はじめて、なごや環境大学の講座を体験させていただきました、愛知淑徳大学3年生の堀部と申します!
私は、12/15に開催された「おかえりやさいプロジェクト」さんの講座『バスでめぐる「おかえりやさい」見学ツアー・おかえりやさい収穫体験編』に参加しました!

「おかえりやさい」とは、名古屋市のスーパーや一般家庭、レストランやホテルなどから排出される生ごみ(食品循環資源)をたい肥化し、そのたい肥を使い名古屋市や近郊の農家で作られた野菜のことです。

今回の体験内容は、おかえりやさいが実際に販売されているスーパーを見学し、そこで出ている生ごみの回収現場を見学、その後、その生ごみを堆肥へとリサイクルしているバイオプラザなごやを見学し、最後に実際にリサイクルされた堆肥を使って育てている野菜を収穫体験しました。
3時間程の短い時間でしたが、とても充実した内容で、本当に楽しかったです!!
okaeriyasai171215

生ごみは深刻な問題です。食べ物に困らない日本では、まだ食べられるものがたくさん捨てられています。その生ごみは80%以上が水分です。燃えるごみとして捨てるより、堆肥にした方が無駄なエネルギーを使いません。
おかえりやさいを育てることで、ごみが減るため環境にも良い!
野菜も元気に育ち化学肥料の使用も減らせたので体にも良い!
すごく素敵ですよね。

収穫体験では、大根・桃かぶ・紫のカリフラワー・黄色のカリフラワー・ニンジン5本もゲット!!自分で採った野菜は大切に食べますし、何より甘くておいしかったです!!

環境に良い循環を学びませんか?

環境講座をつくる目線を学ぼう!(学生向け)
2017-11-02 09:33

kouzatourなごや環境大学では、この秋~来春にかけて、学生向け企画で「自分で選ぶ!共育講座体験ツアー」を開催します。
こちら、若者の皆さんになごや環境大学の環境講座(共育講座)を受講したり、一緒に野外のエコツアーを体験しながら企画の立て方・講座の作り方のポイントを学んでもらい、「自分たちならこうするのに」、「こんな講座があったらおもしろい!」といったアイデアを聞き今後の企画に活かしていこう!というもの。

企画を立てることに興味のある方、「環境講座ってどんなものか知りたい」という素朴なギモンをお持ちの方も、ぜひご参加ください!
くわしくは、以下のなごや環境大学ウェブサイトまで。ご不明点がありましたら、事務局へお問い合わせください。
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza17a/op03.html

「なごや環境大学」実行委員会 事務局
TEL:052-223-1223
メール:jimu@n-kd.jp

 

【間もなく締切】2017年度後期 共育講座企画者募集
2017-06-28 14:22

kouki_web10002017年度後期共育講座の募集締切は6/30まで。
まだまだ皆さまのご応募をお待ちしております!
—————————————————————————————————————
なごやの環境をよりよいものにするために、環境への想いや知識を講座というかたちにしませんか。 環境をキーワードとして、共に学び、育ちあうための環境講座を募集しています。

詳細は募集要項をご覧ください。 →https://www.n-kd.jp/about/advertise.html

選考のうえ採択された企画には、講座開催経費の一部を、負担金として支給します。
応募は6月30日(金)必着です。電子メールのみで受付ます。

【募集期間】 2017年6月1日(木)~ 6月30日(金)必着
(講座実施期間 2017年10月~2018年3月)

【共育(きょういく)講座とは?】
名古屋市内および近隣地域をキャンパスとして、「環境」をキーワードに、共に学び合い、育ち合う環境講座を「共育講座」と表現しています。
2016年度は、年間で132の共育講座が開催されました。

2016年度共育ゼミ報告会&拡大企画者交流会を開催!
2017-06-21 16:45

6月10日、2016年度共育ゼミナール・講座の報告会と感謝状の授与、フリーの交流タイムと盛りだくさんの内容で開催しました。

普段は講座がはじまる前の時期に行っていた団体さん同士の交流会を、今回は趣向を変えて実施後の活動報告として実施。みなさん、活動してみての成功・失敗の体験談から実用的なノウハウ交換まで、活発にお話しされていました。

講座の受講者さんもかけつけてくれ、和やかなうちに終了しました。2016kouryu

 

10周年記念事業報告
2016-04-01 15:05

2015年3月20日、「なごや環境大学」は10周年を迎えました。

これまで環境に関心を持ち関わっていただいた方々への感謝と、より多くの方々の関心と参加をいただくため、「10周年事業」として数々の企画を考え、新たな10周年に向け「未来を創るチカラ」をテーマに事業展開をしました。

くわしくは、なごや環境大学ホームページ「アーカイブ」にレポートが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

https://www.n-kd.jp/about/archive/

環境報告会&ワークショップ(全国都市緑化あいちフェア参画)
2015-10-25 19:17

日時:20151011日(日)10:0016:30
場所:愛・地球博記念公園内  地球市民交流センター 体験学習室23

第32回 全国都市緑化あいちフェアに参画し、「なごや環境大学」で活躍中の団体活動の発信を通して、なごや環境大学の魅力を来場者のみなさんに広く伝えました。体験学習室2をワークショップエリア、体験学習室3を座学エリアとして展開しました。

1.講演会・座学(地球市民交流センター 体験学習室2にて)

10:30~12:00
◆タイトル◆
セアカゴケグモ・マダニなど危険生物に関する講習会
◆実施団体◆
なごや外来種を考える会
朝長昌樹 氏
(公益社団法人愛知県ペストコントロール協会所属会社 ㈱雨宮相談役)
セアカゴケグモ・マダニなど危険生物に関する講習会(なごや外来種を考える会)
セアカゴケグモ・マダニなど危険生物に関する講習会(なごや外来種を考える会)

13:00~14:00
◆タイトル◆
なごや環境大学~市民が活躍する場~
◆実施団体◆
「なごや環境大学」実行委員会
◆講師◆
岸田眞代 氏(なごや環境大学実行委員 講座チーム ゼミナール担当)
対談者:野中賢輔 氏(なごや外来種を考える会 代表)
なごや環境大学~市民が活躍する場~(「なごや環境大学」実行委員会)
なごや環境大学~市民が活躍する場~(「なごや環境大学」実行委員会)

14:00~15:30
◆タイトル◆
名古屋のリス保全の活動と環境教育
◆実施団体◆
守山リス研究会
◆講師◆
北山克己 氏(守山リス研究会 会長)
名古屋のリス保全の活動と環境教育(守山リス研究会)
名古屋のリス保全の活動と環境教育(守山リス研究会)

会場内になごや環境大学で活躍中の共育ゼミナール企画団体紹介コーナーを併設し、来場者の方々に講演会・座学の受講とあわせて、その多岐にわたる活動内容を知っていただきました。
【共育ゼミナール紹介コーナー】
・共育ゼミナール活動パネル展示
・共育ゼミナール各企画団体発行の成果物の配架、閲覧スペース

2.ワークショップ(地球市民交流センター 体験学習室3にて)

◆タイトル◆
都市の自然も馬鹿にできない!
◆実施団体◆
都市の自然のモノサシ研究会
◆内容◆
いきものクイズ/この木を探そう! /好きな緑VSキライな緑 など
kankyohokokukai4

 

◆タイトル◆
森のめぐみでマツボックリリース、ツリーをつくろう
◆実施団体◆
守山リス研究会
◆内容◆
マツボックリを活用したリース・ツリ―づくりワークショップ
kankyohokokukai5

 

◆タイトル◆
なごや環境大学café(休憩コーナー)
◆実施団体◆
「なごや環境大学」実行委員会
◆内容◆
・Caféコーナーにて、ハーブティーを提供。来場者に休憩していただきながらガイドブックや、同室でワークショップを行っている団体さんの活動を通して、なごや環境大学について知っていただきました。
・なごや環境大学10周年記念パネル展示
kankyohokokukai6
なごや環境大学café

kankyohokokukai7
なごや環境大学10周年記念 パネル展示