動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【開催報告】森イキ!プロジェクトスキルアップ講座「森林文化アカデミーと森を学ぶ→感じる!」第三回「行ってみよう!morinos!」を開催しました

2021-12-15 13:23

11月17日(水)の最終回は、岐阜県立森林文化アカデミーの敷地内にあるmorinos(森林総合教育センター)を独り占め!

休業日にも関わらず、じっくり見学させていただきました。(有難うございます!)

 

辻充孝先生のアテンドで外から内からじっくり建物を堪能したあと、森とのつながり、そしてmorinosができるまでをお写真とエピソードをまじえて詳しくお伺いしました。森林文化アカデミーの先生や学生さんがワークショップを重ねながら一から創りあげたこの建物、「おしゃれでかっこいい!」だけではなくて、本当にいろいろな工夫がされているのです。

 

例えば、木が雨に濡れることで劣化していかないように、緻密な計算が施されていたり、床の○○に特別な加工がしてあって、とてもそれとは思えない硬さになっていたり…。

 

「触ってみて」と言われた硬い床は、やわらかいイメージのあの木…

 

あの壁はこうなっていて、ここにはこんな仕掛けがあって、この柱はこんな方法で伐採して…と、ひとつひとつに驚きが詰まっていました。

 

また、地域林業、健全な森林管理の継続性や木造建築が防災拠点となりうるのかといった心配の答えとなる事例なども数値を交えて教えていただいて、受講者のみなさんも興味津々。

 

座学で勉強するのもいいけれど、森林文化アカデミーのみなさんの本気が詰まったこの建物を是非、実際にみてほしい!

 

morinosは自力(!)でも見学できますが、イベントや様々な体験プログラムなども実施されていますので、気になる方はぜひホームページをチェックして、答え合わせにお出かけくださいね。

 

帰りには市民の懇話会で基本構想が練られて、アカデミーの協力で様々な工夫がなされている道の駅「美濃にわか茶屋」へのお立ち寄りもお忘れなく!

 

【本日のおまけ】
木のぬくもりが伝わってくるカードスタンド…私も欲しくなっちゃいました♡

 

『森林文化アカデミーと森を学ぶ→感じる』はこれにて終了!

来年度もコラボできるといいな…と妄想中です。

企画ができた暁にはお知らせいたしますのでどうぞお楽しみに!!