動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【報告】2年ぶりの開催!「愛岐の里山たいけん隊~秋の里山にいこう!~」

2021-11-25 11:37

2021年11月13日(土)『愛岐の里山たいけん隊~秋の里山にいこう!~』を開催しました!

岐阜県多治見市にある愛岐処分場で毎年春と秋に開催していた愛岐の里山たいけん隊。

愛岐処分場は、名古屋市の可燃ごみを燃やして出た焼却灰などを埋める最終処分場で、敷地内には地元諏訪町の方がもともと耕作していた棚田があります(処分場として用地買収されてから長らく放置されていたところを、協力し合って再生した、森に囲まれた素敵な里山です)。例年地元のみなさんに教えていただきながらの田植えや作物の収穫、そして自然観察を行う環境学習の場として私たちスタッフも行けるのを楽しみにしていたのですが、2020年春からは新型コロナウイルス感染症の蔓延により、中止を余儀なくされていました。

今回、募集人数を減らし一部プログラムを変更したうえではありましたが、2年ぶりに開催し、20名の小中学生にご参加いただきました。

「この下にごみが埋まっているなんて!」と驚きの埋立跡地

バスで移動し現在埋め立てをしている場所を見学

サツマイモ、里芋掘りを体験

地元有志の方、処分場の職員さんのご厚意で、大人気の五平餅焼き体験も!

日陰は寒かったけれど、心を込めて作ってくださったおいしい五平餅で、体も心も温かくなりました♪

名古屋市では小学4年生でごみの学習をしますが、実際に処分場を見学できるのはとっても貴重な体験。みなさん自然を楽しみながら体験していました。

更に午後は、愛岐トンネル群保存再生委員会の方のご協力で、普段は一般公開時期以外入ることができない愛岐トンネル群を散策しました。

とても美しいレンガ造りのトンネル。気になる方はぜひその目で確かめて!

次回の「愛岐の里山たいけん隊」は来年春を目指して企画中です!

対象の小学4年~中学2年生がいらっしゃるおうちの方は、

ぜひ2022年3月からの講座のラインナップをチェックしてくださいね!

 

早くみんなでわいわい交流できる日が来るといいな。