動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

2021年11月

映画『からむしのこえ』から考えるくらしのカタチ 開催報告
2021-11-30 10:52

「SDG s × くらし」をテーマに開催した映画会&トークの開催報告です。

日時 10月9日(土)13:30~16:00
会場 名古屋市環境学習センター エコパルなごや

福島県・昭和村。時代の変化に翻弄されながらも、守り継がれてきた布づくりの「いま」を伝えるドキュメンタリー映画『からむしのこえ』を上映し、映画の後は、監督と制作に深くかかわったお二人から伝統文化の継承と取り巻く環境、地方との関係、持続可能性とSDGsなど、これからのくらし方について語っていただくトークを行いました。

当日は多くの方に来場いただきました。受講された皆さまありがとうございました。

開催後にいただいたゲストお二人からのコメントと、受講者アンケートでのコメントを一部抜粋して紹介します。

<ゲストコメント>

鞍田 崇(明治大学准教授/哲学者/『からむしのこえ』協力者

地球環境問題はすでに半世紀にわたって議論され、解決に向けて様々な取り組みが行われてきました。なのに、根本的には何も解決されていない。なぜでしょうか。いろいろ理由は考えられるでしょうが、いちばんはひとりひとりが動いていないからではないでしょうか。といって、人々をイヤイヤ従わすような動き方を求めるのは本末転倒です。解決に向けたアクションへと、おのずと一歩踏みだす。その連鎖なくして、ほんとうの解決はないでしょう。踏みだされる一歩は、ささやかなものでよいと思います。このたびの映画を観にいらしてくださったこと、いやその日は行けなかったけど、気になってこのページを見てくださったこと。それらもまた、「一歩」のはじまりです、きっと。

分藤 大翼(信州大学准教授/人類学者/『からむしのこえ』監督

私が、日本の食料自給率がカロリーベースで4割程度まで落ち込んでいることを知ったのはずいぶん前のことになりますが、国内で販売される衣類のうち、国内で生産されているものが数パーセントにすぎないということを知ったのは、恥ずかしながら最近のことです。この25年の間に、50%から数パーセントにまで落ち込んでしまっているのです。これまでに手放してきたことを振り返り、取り戻せるものは取り戻していかないと、遠からず必要なものが手に入らなくなるのではないかと思います。今だけ良ければ良いという従来の発想はSDGsから最も遠いものでしょう。衣の来し方と行く末を考える上で、『からむしのこえ』という映画が、一人でも多くの方にヒントを与えることを願っています。

(受講者のコメントを一部抜粋)
・知らない土地のことを紹介された映画でしたが自分のいま暮らす場所について考えることになるとは思っておらず、新しい発見でした。
・日頃自分が口にしているもの、着ているものに関わっているものにもっと興味を持つことが大切なのではないかと感じます。名古屋にも尾州織物があるので、からむしを観ながら通じるものがあるなと感じました。素晴らしい機会をありがとうございました。

【開催報告】都会のオアシス?猪高の森を歩いてみました!
2021-11-25 12:57

2021年10月23日(土)なごや環境大学森イキ!プロジェクト『大学近郊のリアル散歩講座
猪高の森を歩いてみよう』第一回を開催しました。
その様子をなごや環境大学 事務局の金井がレポートします。

名東区の東側、長久手市との境に広がる猪高緑地は、66haと広大。徒歩圏内には名東高校や、愛知淑徳大学、椙山女学園大学、少し行けば、愛知学院大学、名古屋学芸大学、名古屋外国語大学などなど、多くの学校がキャンパスを構えています。(実は書いている私も某大学出身なのですが、この仕事をするまで猪高緑地には入ったことがありませんでした…)

今回の講座は長年緑地の保全活動を行っている共育講座の企画者団体でもある名東自然倶楽部さんと、環境局地域環境対策課、そして私たちなごや環境大学の三者で、ユースのみなさんに自然豊かな緑地がすぐそばにあることを知ってもらいたい…という思いで企画をしました。

当日はすっきり晴れた秋空の下、お散歩をスタート。

森の集会所から北側の方面(塚ノ杁池、こもれび池、ハンノキ湿地を通って井堀の棚田、井堀下池上池を回るコース)を回りました。外来種が繁茂する塚ノ杁池…人が持ち込む場合と、鳥などの生物が運ぶ場合があります。
ところどころ立ち止まって詳しくわかりやすく教えていただけました。ここには二種類のシダが生えているのですが、ひとりだったら絶対見逃していました。

放っておくとすぐに蔓延る竹との戦いや、水循環のお話、自然豊かな緑地が抱える持ち込みの問題点、そして在りし日の里山の姿など…お散歩をしながら、実際に活動をされている方々の生の声が聞けて大満足の二時間でした。

【おまけ】

名東自然倶楽部会長の髙木さんからお声掛けいただいて
なんと11月14日(日)に行われたすり鉢池の池干しにも特別に参加させてもらいました!
以下当日レポートです!
※池干しの詳細は、別途「特集・なごやエコ最前線」で記事としても紹介予定ですのでお楽しみに。

11月14日(日)に行われた、猪高緑地すり鉢池の池干しに参加しました。

朝から快晴で池干し日和のなか、名東区の猪高緑地には続々と人が集まり、約200人がすり鉢池のほとりに集合しました。

なごや環境大学からは、『猪高の森を歩いてみよう』受講生の2名の愛知淑徳大学生が完全装備で参加し、名東自然倶楽部のみなさん等と、ヘトヘトになって泥と闘いました。

一番多かったのは外来種のブルーギルで、なんと3,386匹も捕獲!

モツゴやフナなど、今回捕まえた在来生物は、現在なごや生物多様性センターで保

護されています。雨で削れて池に流入した泥を取り除き、十分な水位が戻るのを待って返される予定だそうです。

削れるといえば、今回お散歩をして実感したのですが、整備された散策路も長年人がたくさん歩いてきたことでかなり削れてしまっていました。そんな散策路の現状と修復について2022年1月から名東自然倶楽部さんの共育講座で教えてくださいますので、是非チェックしてください!

B-42
削れにくく、保水力があり、歩き易いウッドチップ散策路を作ろう
https://www.n-kd.jp/calendar/pickup/211101.html

なごや環境大学では、今後も猪高緑地でのリアルな講座を開催していきます。
次回の日程が決まったらお知らせでご紹介しますので、我こそは!という方はぜひご参加くださいね!

【報告】2年ぶりの開催!「愛岐の里山たいけん隊~秋の里山にいこう!~」
2021-11-25 11:37

2021年11月13日(土)『愛岐の里山たいけん隊~秋の里山にいこう!~』を開催しました!

岐阜県多治見市にある愛岐処分場で毎年春と秋に開催していた愛岐の里山たいけん隊。

愛岐処分場は、名古屋市の可燃ごみを燃やして出た焼却灰などを埋める最終処分場で、敷地内には地元諏訪町の方がもともと耕作していた棚田があります(処分場として用地買収されてから長らく放置されていたところを、協力し合って再生した、森に囲まれた素敵な里山です)。例年地元のみなさんに教えていただきながらの田植えや作物の収穫、そして自然観察を行う環境学習の場として私たちスタッフも行けるのを楽しみにしていたのですが、2020年春からは新型コロナウイルス感染症の蔓延により、中止を余儀なくされていました。

今回、募集人数を減らし一部プログラムを変更したうえではありましたが、2年ぶりに開催し、20名の小中学生にご参加いただきました。

「この下にごみが埋まっているなんて!」と驚きの埋立跡地

バスで移動し現在埋め立てをしている場所を見学

サツマイモ、里芋掘りを体験

地元有志の方、処分場の職員さんのご厚意で、大人気の五平餅焼き体験も!

日陰は寒かったけれど、心を込めて作ってくださったおいしい五平餅で、体も心も温かくなりました♪

名古屋市では小学4年生でごみの学習をしますが、実際に処分場を見学できるのはとっても貴重な体験。みなさん自然を楽しみながら体験していました。

更に午後は、愛岐トンネル群保存再生委員会の方のご協力で、普段は一般公開時期以外入ることができない愛岐トンネル群を散策しました。

とても美しいレンガ造りのトンネル。気になる方はぜひその目で確かめて!

次回の「愛岐の里山たいけん隊」は来年春を目指して企画中です!

対象の小学4年~中学2年生がいらっしゃるおうちの方は、

ぜひ2022年3月からの講座のラインナップをチェックしてくださいね!

 

早くみんなでわいわい交流できる日が来るといいな。

【募集】ガイドブック2022前期 表紙デザインコンペティション
2021-11-04 16:46

このたび、なごや環境大学では「ガイドブック2022前期表紙デザインコンペティション」を実施します。

「なごや環境大学ガイドブック」は、市民・市民団体、企業等とともに開催する「共育講座」「共育ゼミナール」の実施内容や募集に関する開講情報をご紹介するものです。

本コンペティションでは、若者をはじめ、多くの方がガイドブックを手に取り講座等へ参加しやすくなるよう、若手デザイナーや学生を対象に、啓発冊子であるガイドブックの表紙デザインを広く募集します。

■主催
「なごや環境大学」実行委員会

■応募資格
・日本国内在住で、30歳以下のデザイナーおよびデザインを学ぶ学生(専門学校生、高校生等を含む)
・最優秀賞に選定された場合、そのデザインを基に、指定サイズへの修正・調整、データ提供や事務局との打合せ等対応ができる方
・事務局とのメール連絡が可能な方

■募集内容
「なごや環境大学ガイドブック2022前期」の表紙デザイン

テーマ「SDGs×水」

生きものが生きていくのに欠かせない水。
森の中の水源、川、海の豊かな循環の中で、私たちの暮らしも、水の恵みに支えられています。
一方で、安全な水の確保、水害、海洋プラスチック問題など、水をめぐっては多くの課題を抱えています。
身近だからこそ、今、あらためて知ってほしい、考えたい水資源。
水に関するイメージを自由に膨らまして、デザイン表現してください。

※未発表のオリジナル作品に限る
※フォント、写真、イラスト(フリー素材を含む)の使用にあたり、他者の著作権を侵害しない作品に限る
※これまでの表紙デザインにとらわれることのない新たなチャレンジを期待します。

【参考】ガイドブック表紙コンペティション/過去の表紙集

■提出物
以下2点(①②)をご提出ください。
①作品
A4サイズ(縦297×横210mm)縦向き

画像JPEG形式もしくはPDF形式/解像度300dpi /最大4MB

※立体的な作品(貼り絵・切り絵を含む)は不可

②応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)

必要事項をすべて記入の上、Excel形式もしくはPDF形式で提出

※その他、募集要項(以下URLよりダウンロード)を必ずご確認の上、ご応募ください。

・募集要項・応募用紙・必須デザインデータ一式をダウンロード
https://xfs.jp/GfsM57

・募集要項のみ
2022前期GB募集要項(PDF)

メール応募の場合

①②をファイルにまとめてZIP圧縮の上、送信してください。

郵送の場合

①②をCD-R等にして、作品原寸プリント1枚(A4またはB4用紙)を同封して郵送してください。

■募集締切
2022年1月 4日 (火) 必着

■応募方法
提出物を「なごや環境大学」実行委員会事務局までメールにて送付、または郵送

■賞
・最優秀賞(1点)
「なごや環境大学ガイドブック2022前期」への表紙に採用 / 副賞:賞金5万円

・入選(若干)
マナカチャージ券5,000円分

※選定された最優秀賞賞金には、決定後のデータ調整、打ち合わせに係る旅費等が含まれます。

<提出・お問い合わせ先>
「なごや環境大学」実行委員会
2022前期CB募集要項(PDF)参照

【報告】2021年度後期企業向けSDGsオンラインセミナー「SDGs実践企業から学ぶ」第1回を開催しました!
2021-11-04 11:38

2021年10月29日(金)14:00~15:00にて実施した企業向けSDGsオンラインセミナー「SDGs実践企業から学ぶ」

第1回のテーマは「企業イメージの向上」。

NPO法人Mブリッジ代表理事/キャリアコンサルタント/SDGsアドバイザー/PRプランナーといくつものキャリアでご活躍の米山 哲司さまをお招きして、企業価値の高め方について「パーパス(存在意義)」という視点でお話いただきました。経験の中から出てくるお話はどれもとっても実践的で、中には画面の前にもかかわらず「え~!!」と思わずリアクションせずにはいられない驚きの内容も!
ご参加いただいたみなさまからも終了後に「わかりやすくて良かった」「すぐに組織でも使えるお話だった」という喜びのお声がたくさん届きました。
今回動画の公開はいたしませんので、生でご覧いただけたみなさま、とっても幸運でしたね!

【参考】
米山さんが講師のセミナー募集情報は、facebookをご確認ください。
無料の講座も多数あるようですよ。
https://www.facebook.com/seiginokikaku/

次回、第2回「社会の課題への対応」は11/19(金)14:00〜15:00、
薄羽 美江さま(一般社団法人日本エシカル推進協議会(JEI) 理事、株式会社エムシープランニング代表取締役)をお招きして、エシカルをキーワードに、一企業として社会課題に取り組むためのヒントをお話しいただきます!

たくさんのみなさまのご参加、お待ちいたしております!
お申込みは以下ラインナップからどうぞ。
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza21a/A-13.html