動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【講座体験レポート】おさんぽビュッフェ

2019-12-10 10:45

こんにちは。
今回初めて、なごや環境大学の講座を体験させていただきました。名古屋外国語大学の石本と申します。
私は、10/13(日)に名城公園で開催された、ネイチャートライアングルさん主催のB-36「おさんぽビュッフェ」に参加してきました。

公園の中を散策しながら見つけた食べられる植物を紙皿に描いていくので、「おさんぽビュッフェ」と名付けられたそうです!

参加者みんなでおさんぽ中

講師であり樹木医である河村くるみ先生と一緒に公園内をおさんぽしていきます。いろいろな植物を観察し、紙皿に絵を描いていきます。こまめに参加者のことを気遣っていただき、どんな疑問でも答えてくださりました。先生の知識量が素晴らしく、とっても勉強になりました!先生が持っていた図鑑は必見です!

私のビュッフェ皿!埋まってきましたよ

カタバミの説明をする河村先生

そのあと、お菓子タイム!金木犀が香る中でのお茶会はとっても楽しかったです。お菓子や飲み物は、当日に観察した植物でできた、オオバコ茶とどんぐりクッキーをいただきました。オオバコは漢方にも使われており、風邪に効能があるようです。飲みやすくて美味しかったです。どんぐりクッキーは甘くあっさりした味でした。何個でも食べられます!

いただいたオオバコ茶とどんぐりクッキーです

2時間という短い時間でしたが、充実した時間を過ごせました。

講座を通じて、よく目にする植物が災害時に役に立ったり、どのような状態の木が危ないのかなど、とても勉強になりました。道端にもたくさん食べられる植物が生息しています。
ゆっくりおさんぽしながら、自然に目を向けてみるのもいいかもしれません。
災害時に備えて、道端の草木を勉強してみませんか?


※この記事は、『ユース限定共育講座体験』に参加した学生によるレポートです。
ユース限定共育講座体験については・・・
→ https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza19s/op02.html