動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【開催報告】環境×防災 上映会・SDGsセミナー・パネル展

2019-12-04 11:45

【主催事業報告】環境×防災 上映会・SDGsセミナー・パネル展

開催日:2019年11月16日(土) (パネル展示:11月6日~16日)
場 所:名古屋都市センター 14階特別会議室 (パネル展示:11階企画展示コーナー)
主 催:「なごや環境大学」実行委員会
共 催:名古屋市、公益財団法人名古屋まちづくり公社
後 援:名古屋大学大学院環境学研究科附属 持続的共発展教育研究センター


「なごや環境大学」では、11月16日に金山周辺で楽しみながら防災知識や技が身につくイベント「イザ!カエルキャラバン! In かなやま」に合わせ、「気候変動・気象災害、グリーンインフラ、Eco-DRR」をキーワードに、アニメ上映、SDGsセミナーを開催。また、共育講座団体を中心とした前記キーワードに沿った内容のパネル展示を実施しました。

アニメ上映は、漫画の神様・手塚治虫氏が21世紀の子どもたちに託したメッセージをもとに作成された、地球温暖化の意識啓発アニメ『ガラスの地球を救え!』プロジェクトの2作品(「地球との約束」「私たちの未来」)の上映会を行いました。


パネル展示は、11月16日に先駆け、6日から「環境×防災 グリーンインフラとEco-DRR」をテーマに、グリーンインフラの機能を名古屋周辺の事例により紹介し、また、「なごや環境大学」に集う共育講座企画団体から、「グリーンインフラ」を守り、引き継いでゆく活動などの取り組みの一部を紹介しました。

【パネル紹介団体】 ※団体名をクリックするとパネルが表示されます
錦二丁目まちづくり協議会
なごや外来種を考える会
NPO法人 藤前干潟を守る会
公益社団法人 日本技術士会中部本部中部倫理委員会
守山リス研究会
地球ハグ倶楽部
かすがい東部丘陵自然観察会
かすがい里山自然楽校
NPO法人「みたけ・500万人の木曽川水トラスト」
日本山岳会東海支部猿投の森づくりの会
認定特定非営利活動法人恵那山みどりの会


SDGsセミナー「なごやで考える防災とグリーンインフラ」では、丈夫で扱いやすいグレーインフラだけでなく、それを補完するグリーンインフラを用いて、環境と防災を両立するこれからのまちづくりについて、講師の名古屋大学大学院 香坂玲教授と一緒に考えました。

香坂教授より、グリーンインフラの保全は、生物多様性保全、災害リスク(洪水、津波、土砂崩等)、快適性向上、産業振興(農業、観光等)など環境、経済、社会の広範囲にわたり効果があるという内容で、講演をしていただきました。
講演の中で、「根の張り方で広葉樹の方が土砂災害に対する防災・減災効果が高いといわれることもあるが、深層崩壊の災害では樹種による違いは大きく表れない可能性があり、樹種ごとの特性と限界を認識する必要がある」など大変興味深いお話を聞かせていただきました。

香坂教授

香坂教授の講演の後、コーヒーを飲みながらのトークセッションに移りました。レインフォレストアライアンス認証のサスティナブルなコーヒーを、リユースカップでいただきました。

防災に関心がある方、緑を守る活動に関心のある方などが6グループに分かれ、名古屋のグリーンインフラを紹介し合い、グリーンインフラが防災に大きく関わっていることを考え学びました。名古屋のグリーンインフラをもっと増やしていけると良いなどの感想もいただきました。

セミナー受講者からいただいた声の一部をご紹介します。

・グリーンインフラについて、いろいろ考えることができました。(60代 会社員)
・グリーンインフラに関する知識が深まりました。よい機会をありがとうございました。(50代 会社員)
・皆さんと意見交換できたことがよかったです。(30代 会社員)


「なごや環境大学」では、今回のようにさまざまな視点から、持続可能な地球社会、SDGsの目標達成に向け、主催事業、主催講座を企画していきます。今後もお見逃しなく!