動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【開催報告】お買い物からSDGsを知る!「環境白書から実践へ」

2019-07-16 12:13

【主催講座 開催報告】お買い物からSDGsを知る!「環境白書から実践へ」

開催日:2019年7月9日(火)
場 所:愛知学院大学名城公園キャンパス「アガルスホール」
主 催:「なごや環境大学」実行委員会  環境省中部地方環境事務所  愛知学院大学名城公園キャンパス地域連携センター

講座は2部構成で実施し、当日は、約200人の方にご参加いただきました。
第1部は環境省から令和元年度版「環境白書」を元に、環境分野の世界や日本の動向をコンパクトに伝えて頂きました。
第2部は、衣食住に関わる中小企業から、自社の取り組みがSDGsとどのように関わっているかについてご紹介を頂きました。
講座を実施したアガルスホールは、地球温暖化防止活動環境大臣賞や省エネ大賞を受賞した、非常に高効率な機器や自然空調・地下水などを活用した環境配慮型のビルで、名古屋城や名駅の高層ビル群への眺望も良好なつくりとなっており、受講者から非常に好評を博しました。

受講者から頂いた声の一部をご紹介します。

第1部「環境白書から実践へ」
〇環境省大臣官房環境計画課課長補佐 五十嵐 祐介氏
・短時間で環境白書の注目ポイントを網羅的に解説してもらえた。
・SDGsが環境・経済・社会の総合的向上を目指していることがわかり、今後の仕事の参考となった。

第2部「中小企業のSDGs事例発表」
〇仲建設株式会社代表取締役 堀尾 速人氏
〇株式会社鶴田商会 Eco-Branch 鶴田 紀子氏
〇株式会社大醐代表取締役 後藤 裕一氏
・それぞれの方々のSDGs実現に向けた想いが大変よく伝わった。
・近隣の企業であることも親近感が持てた。
・企業活動に根差した発表でよかった。

平日開催ということもあり、受講者に企業人が多く来場され、等身大の企業の発表に刺激を受けたという声が多く寄せられました。本業をSDGsという切り口で理解し、経済面だけでなく環境や社会への影響を及ぼすことができることを実感する機会を提供できたのではないかと思っています。

講座参加者だけでなく、ゲストスピーカーや共催者も、この講座をきっかけにSDGsへの意識を強くされたようで、自社商品のありかた、顧客や地域との関わり方においても「サスティナブルを伝える」ということを念頭に置いて活動するようになったとのご感想をいただきました。

なごや環境大学は今回のようなさまざまな方面で好影響を与えるマルチベネフィットを意識しながら、みなさんと一緒にさまざまな企画を実施してまいりますので、お見逃しなく!