動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【ユース体験レポート】野菜が新たに帰ってくる!?「おかえりやさい」を知って学んで味わって楽しもう!

2018-01-19 09:25

hatake現在、なごや環境大学ではユース事業「共育講座体験ツアー」を実施中。そんななか、参加学生からの体験レポートが届きましたので、ご紹介します!
↓↓↓

はじめまして!
今回はじめて、なごや環境大学の講座を体験させていただきました、愛知淑徳大学3年生の堀部と申します!
私は、12/15に開催された「おかえりやさいプロジェクト」さんの講座『バスでめぐる「おかえりやさい」見学ツアー・おかえりやさい収穫体験編』に参加しました!

「おかえりやさい」とは、名古屋市のスーパーや一般家庭、レストランやホテルなどから排出される生ごみ(食品循環資源)をたい肥化し、そのたい肥を使い名古屋市や近郊の農家で作られた野菜のことです。

今回の体験内容は、おかえりやさいが実際に販売されているスーパーを見学し、そこで出ている生ごみの回収現場を見学、その後、その生ごみを堆肥へとリサイクルしているバイオプラザなごやを見学し、最後に実際にリサイクルされた堆肥を使って育てている野菜を収穫体験しました。
3時間程の短い時間でしたが、とても充実した内容で、本当に楽しかったです!!
okaeriyasai171215

生ごみは深刻な問題です。食べ物に困らない日本では、まだ食べられるものがたくさん捨てられています。その生ごみは80%以上が水分です。燃えるごみとして捨てるより、堆肥にした方が無駄なエネルギーを使いません。
おかえりやさいを育てることで、ごみが減るため環境にも良い!
野菜も元気に育ち化学肥料の使用も減らせたので体にも良い!
すごく素敵ですよね。

収穫体験では、大根・桃かぶ・紫のカリフラワー・黄色のカリフラワー・ニンジン5本もゲット!!自分で採った野菜は大切に食べますし、何より甘くておいしかったです!!

環境に良い循環を学びませんか?