動かそまい!NAGOYA

特集・なごやエコ最前線

「なごや東山の森」で里山のくらし体験

いま、「なごや東山の森」が注目されている。

「なごや東山の森」とは、東山公園と平和公園を合わせた面積約410ヘクタールの森。東山動植物園を含み、南北に樹林地が広がる、都会に残された「人と自然の生命(いのち)輝く森」である。

2003年、「なごや東山の森づくり基本構想」が策定され、市民・企業・行政の協働で森づくりを行う「なごや東山の森づくりの会」が誕生。本格的な森づくり活動が進められている。

現在進行中の東山動植物園再生プランでも、動植物園だけでなく、410ヘクタールの東山の森全体が対象。3月いっぱい市民意見を募集している東山動植物園再生プラン基本計画(案)の中にも、森づくり活動と連携して里山を再生し、くらし体験や環境学習の場として活用することが盛り込まれている。

名古屋市内で里山体験……既存の施設や教材からは得られない「生きた知恵」が得られる場として、なごや東山の森の役割はますます大きくなっていくだろう。

掲載日
2007-03-09
取材・文
浜口 美穂
森づくりを生かす活動

森づくりといえば、「森を守り育てる」活動と誰しも思う。しかし、なごや東山の森づくりでは、「森を守り育てる」ことだけでなく、「森とかかわる」「森づくりを生かす」ことも活動の柱に据えている。つまり、森づくりを通して得られる生活の知恵や技術を生かし、伝えることも大切な活動のひとつだ。

なごや東山の森づくりの会が毎年行う「くず餅づくり」は、まさに里山のくらしの知恵を学び、伝える活動。くず餅は食べたことがあっても、その原料となるくず粉をどのようにして採取するのかは知らない人が多いだろう。

森の縁をマントのように覆う蔓(つる)性のクズ。その太い根っこから得たデンプンがくず粉である。くず餅づくりはまず、クズの根っこ掘りから始まる。

今年で3年目のくず餅づくりの第1回目、クズの根掘りは、暖冬の1月28日、平和公園南部地区* で行われた。集まった約30名の参加者は、クズの蔓をたどり、根っこがあると思われるところをひたすらスコップやツルハシで掘り続ける。横に張った地下茎にはデンプンがほとんどないため、下へ下へと伸びるイモ状の太い根を探すのだ。

昨年とは違う場所で、時期も少し早く、今年は豊作。しかし、問題は含まれているデンプンの量。昨年は根の重さの約4.1%しかくず粉が採れなかったという。そこで、根の切り口をヨウ素液で染めてみると、見事に紫色に染まり、「今年はいけそうだね!」と期待が高まる。

*平和公園南部地区
平和公園といえば墓地を連想する人も多いが、公園の南部には、雑木林や湿地を抱く里山の風景が広がっている。
自然から学ぶ“もったいない”

環境首都なごやの拠点として

今、伝えておかないと22世紀には完全に失われてしまうだろう里山のくらしの知恵。それは、私たちが人間らしく生きていくために必要な知恵でもあるだろう。

2003年に策定された「なごや東山の森づくり基本構想」では、410ヘクタールの森を5つの地区に分け、各テーマに沿った森づくりを提唱している(右図)。その中の一つが、クズの根掘りをした平和公園南部の「くらしの森」。森と調和したくらしを学び、里山体験ができる森にする計画だ。

3月末まで市民意見を募集している東山動植物園再生プラン基本計画(案)* では、前述の「なごや東山の森づくり基本構想」と昨年6月に策定した「東山動植物園再生プラン基本構想」に基づいて、動植物園を含む東山の森を生物多様性の保全の面で「環境首都なごやの拠点」とすることをめざしている。「くらしの森」については、中心となるエリアに古民家、棚田、段々畑などを整備し、自然と調和した里山のくらしが体験できる場とする計画だ。果たしてこれがなごや東山の森づくり基本構想を踏襲した計画になるのか、なごや東山の森づくりの会をはじめとする市民と、再生に関わる行政との理念のすりあわせがやっと始まったばかりだ。

名古屋市は2010年の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の誘致にも乗り出している。なごや東山の森は、藤前干潟と並んで、この会議のフィールドとしても注目されている場所。生物多様性の保全、また環境学習・体験の場をつくるため、市民・市民団体・行政(内部の各局間も)の協働の先進的事例としても今後、注目していきたい。

バックナンバー