まちじゅうがキャンパス

外来種 食べてみよう

共育ゼミナール
特定のテーマ・課題について、グループで調査・研究などを行う事業です。
z-01
企画運営者
なごや外来種を考える会
目的・概要
ザリガニ、ブラックバス、ウシガエルなどは自然生態系を荒らす迷惑な外来種ですが、食べてみると案外おいしいです。食体験を通じて外来種の問題に触れてみましょう。
メッセージ
環境に害を及ぼす外来生物が私達の身近にもいます。今年はザリガニなどの外来生物を食べる会を開催します。孟宗竹のメンマも食べられるかな?他にも年間を通じてオオキンケイギクやムネアカハラビロカマキリ、セアカゴケグモなどの調査や駆除をします。会員やお手伝いも募集中。メールでお問い合わせください。

メンバー募集中!

スケジュール

5月
オオキンケイギク駆除活動に参加
6月
モウソウチク食材化調査
7月
アメリカザリガニ等外来生物を食べて減らす会
10月
ムネアカハラビロカマキリ、セアカゴケグモ調査・駆除

問い合わせ・申し込み先

なごや外来種を考える会(野中 賢輔)

ウェブサイトURL
http://nagorai.org
備考
■締切:2021年6月頃
7月実施予定の「アメリカザリガニ等外来生物を食べて減らす会」は、各20名(小学生は保護者同伴)。他は随時受付。

参加申し込み
メールフォーム

■締切:2021年6月頃
7月実施予定の「アメリカザリガニ等外来生物を食べて減らす会」は、各20名(小学生は保護者同伴)。他は随時受付。

は必須項目です。

※ 個人情報の取り扱いにつきましては、[サイトポリシー]のページをご確認ください。