まちじゅうがキャンパス

【公開講座】気候変動の歴史をさぐる

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

低炭素(エネルギー・気候変動)

E-02

  • 座学
企画運営者
天白生涯学習センター
講座概要

豪雨の頻発、大型化する台風、氷河の急速な後退など、昨今取り沙汰されている気候変動はどのくらい異常なのか、それは長い気候史の中でどのように位置づけられるかを気候変動の歴史から概観することで、環境問題についての関心を高める。

Check!

<講師プロフィール>

庄 建治朗

所属:名古屋工業大学大学院工学研究科 社会工学専攻環境都市分野

専門:水文学、古気候学

研究テーマ:

・琵琶湖の歴史的水文環境の復元とその水工計画学への応用

・古気候復元資料としての古日記天気記録の定量化と精度評価

・南西諸島・小笠原における年輪気候学研究

・東海地域における局地的大雨事例の雨域特性解析

※生涯学習センターの駐車場台数には限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願い致します。

受講対象
一般/小学生/中・高校生/大学生/親子
受講料
無料
定員
40名
備考
個別受講可

子どもOK!

日程受講形式個別受講料定員会場
12021年9月11日(土) 10:00~11:30
  • 座学
無料40名生涯学習センター(天白区)
【公開講座】気候変動の歴史をさぐる 豪雨の頻発、大型化する台風など、昨今取り沙汰されている異常気象。気候変動の歴史を振り返り、その異常性を把握し、環境問題について考える。 庄 建治朗(名古屋工業大学 准教授)

問い合わせ・申し込み先

団体名 天白生涯学習センター
担当者 新実

電話番号
052-802-1161
ウェブサイトURL
http://www.aichiswim.jp/tenpaku_llc/
備考
公開講座のため、事前申し込み不要。(受講料無料・定員40名・当日9時より先着順で整理券配布。講座開始30分前に開場)。新型コロナウイルス感染症対策のため、整理券には名前と連絡先を記入していただきます。
※受講時は、マスクの着用、検温、手洗いを行ってください。