まちじゅうがキャンパス

環境カウンセラーと行く畜産と環境~肉の向こうに環境を見る~

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

健康安全(食・くらし・防災・安全)

B-22

  • 座学
  • 討論・ワークショップ
  • 屋内実習
  • 屋外実習
企画運営者
環境カウンセラー岡本明子
講座概要

大人の社会科見学、今回のテーマは畜産と環境です。

日常的に食べている肉の向こうには、様々な環境が隠れています。家畜の病気を防ぎ、食肉の安全を担保する仕組みを学びます。生業としての畜産や、CSF(豚コレラ・豚熱)をはじめとする家畜伝染病対策、野生生物との付き合い方など様々な『考える種』を見つめます。

見て、知って、考える。暮らしから行動を起こしていきましょう。

Check!

2回目はバス代210円×3必要。集合金山駅、解散野跡駅

3回目は集合解散半田市住吉駅

4・5回目は集合解散美合駅

※集合時間など詳細は都度連絡


家畜伝染病対策の関係で、受講をお断りすることがあります。

足場の悪い場所を歩きます。

産業獣医師、畜産農家のご参加はご遠慮ください。

緊急時、講座を一部開講できない場合があります。

見学に関しての条件があります。

受講対象
一般/大学生
受講料
通しで5000円
定員
20名
備考
個別受講不可
日程受講形式個別受講料定員会場
12020年5月12日(火) 9:30~17:00
  • 座学
  • 討論・ワークショップ
5,000円20名ウイルあいち(東区)
日本の畜産/CSF(豚コレラ)/野生鳥獣の管理 オリエンテーション/日本の畜産・愛知の畜産の現状と未来/CSF(豚コレラ・豚熱)の現状/野生イノシシとの関わりと対策/野生鳥獣の管理 愛知県農業水産局・愛知県環境局職員
22020年6月9日(火) 9:00~15:30
  • 座学
  • 屋内実習
  • 屋外実習
-20名名古屋市中央卸売市場南部市場/名古屋市食肉衛生検査所/農林水産省動物検疫所野跡検疫場(港区)
食肉へ/食肉の安全確保/大規模感染への備え 牛、豚が食肉になるまで/食肉の安全を担保するための検査/家畜伝染病発生時の防疫に使う資材の保管場所 名古屋市中央卸売市場南部市場職員/名古屋市食肉衛生検査所職員/農林水産省動物検疫所職員
32020年7月14日(火) 13:00~16:00
  • 座学
  • 屋内実習
-20名半田市酪農組合(半田市)
共に作る酪農の未来 酪農家の相互の情報交換、技術研究を目的に設立された半田市酪農組合。共同の飼料配合所、ヘルパー制度、堆肥の広域流通などの取り組みを学ぶ。 半田市酪農組合事務長 青木直行
42020年8月19日(水) 9:30~15:30
  • 座学
  • 屋内実習
  • 屋外実習
-20名愛知県立農業大学校(岡崎市)
生業としての畜産、未来の畜産農家を育てる 店頭に並んでいる牛乳や肉や卵等の畜産物は畜産農家の様々な努力によって生み出されている。未来の畜産農家を育てる教育現場で畜産を知る。 愛知県立農業大学校職員
52020年9月8日(火) 9:30~16:00
  • 座学
  • 討論・ワークショップ
  • 屋内実習
  • 屋外実習
-20名愛知県畜産総合センター/愛知県中央家畜保健衛生所(岡崎市)
畜産業の未来を見つめる。家畜の伝染病予防。 優良な種畜を畜産農家に譲渡するなど畜産農家を支援/家畜の伝染病の発生と拡大を防ぐ家畜の保健所 愛知県畜産総合センター職員/愛知県中央家畜保健衛生所職員

問い合わせ・申し込み先

環境カウンセラー岡本明子
担当者 岡本明子

受講申し込み
メールフォーム

参加者全員のお名前、年齢、性別、ご住所、お電話番号、メールアドレスを記入の上、メールフォームまたはFAXでお送りください。1週間たっても返信のない場合、お問い合わせください。

は必須項目です。

大人 名   子ども

※ 個人情報の取り扱いにつきましては、[サイトポリシー]のページをご確認ください。

電話番号
052-751-2353
ファクシミリ番号
052-751-2454
備考
参加者全員のお名前、年齢、性別、ご住所、お電話番号、メールアドレスを記入の上、メールフォームまたはFAXでお送りください。1週間たっても返信のない場合、お問い合わせください。