まちじゅうがキャンパス

2019年度次世代エネルギーワークショップ名古屋(学生編)

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

低炭素(エネルギー・気候変動)

D-01

  • 討論・ワークショップ
企画運営者
名古屋市立大学大学院経済学研究科
講座概要

2016年のパリ協定の発効により、脱炭素社会を目指していく流れの中で、長期的視野に立ったエネルギー選択の議論が一層重要性を増しています。参加・熟議型の講座を通じて、①系統だって理解する能力、②多様な価値観・異なる意見を有した他者と意見を交わす能力、③納得できる考え方を導くための熟慮能力を身につけることができます。

Check!

エネルギーに関する専門知識や異なる意見を有する人とのかみあった議論の技術が身に付きます。また、多様な意見・価値観を持った学生間の討議・交流の促進のため、一定数の東海、北陸、関西地域の大学生にも参加を呼びかけています。


主催/次世代エネルギーワークショップ推進委員会

共催/一般社団法人 環境政策対話研究所、国立研究開発法人 国立環境研究所、名古屋市立大学大学院経済学研究科

講師/加藤丈圭(名古屋大学大学院工学研究科教授)、柳下正治((一社)環境政策対話研究所代表理事)、木村浩(NPO法人パブリック・アウトリーチ理事)、芦名秀一(国立環境研究所企画部国際室長)等

ファシリテーター/鵜飼宏成(名古屋市立大学大学院教授)


<問合せ>名古屋市立大学大学院経済研究科 鵜飼宏成(同教授)

TEL:052-872-5733

メール:ukai@econ.nagoya-cu.ac.jp

受講対象
大学生/大学院生、高等専門学校生。専門分野は問いません
受講料
1500円
定員
40名
備考
個別受講不可
日程受講形式個別受講料会場
12019年11月16日(土) 11:00~18:15
  • 討論・ワークショップ
1,500円(テキスト・資料代)会場/名古屋市立大学 滝子(山の畑)キャンパス(瑞穂区)
2050年に目指すべき「理想の未来社会像」をつくる① エネルギーに関する知識を習得し、未来社会におけるエネルギー消費、電源構成、脱炭素化のための課題を討議 加藤丈圭(名古屋大学大学院工学研究科教授)、柳下正治((一社)環境政策対話研究所代表理事)、木村浩(NPO 法人パブリック・アウトリーチ理事)、芦名秀一(国立環境研究所企画部国際室長)等
22019年11月17日(日) 9:00~16:45
  • 討論・ワークショップ
-会場/名古屋市立大学 滝子(山の畑)キャンパス(瑞穂区)
2050年に目指すべき「理想の未来社会像」をつくる② 第1日の仮説を低炭素ナビでシミュレーションし、専門家へのQ&Aを踏まえ、未来社会のエネルギー選択最終案を作成。最後は発表、専門家との意見交換。 加藤丈圭(名古屋大学大学院工学研究科教授)、柳下正治((一社)環境政策対話研究所代表理事)、木村浩(NPO 法人パブリック・アウトリーチ理事)、芦名秀一(国立環境研究所企画部国際室長)等

問い合わせ・申し込み先

名古屋市立大学大学院経済学研究科
担当者 鵜飼 宏成(同教授)

受講申し込み
メールフォーム

お名前、所属、学年(年齢)、性別、電話番号をメールフォームにてお送りください。
<申込担当窓口>一般社団法人SDGs コミュニティ内 「次世代エネルギーワークショップ 推進委員会名古屋事務局」
※上記は申込専用フォームのため、お問い合わせにつきましては、Check!欄の「名古屋市立大学大学院経済学研究科(鵜飼)」までお願いいたします。

は必須項目です。

大人 名   子ども

※ 個人情報の取り扱いにつきましては、[サイトポリシー]のページをご確認ください。

電話番号
052-872-5733
ウェブサイトURL
http://inst-dep.com/
備考
お名前、所属、学年(年齢)、性別、電話番号をメールフォームにてお送りください。
<申込担当窓口>一般社団法人SDGs コミュニティ内 「次世代エネルギーワークショップ 推進委員会名古屋事務局」
※上記は申込専用フォームのため、お問い合わせにつきましては、Check!欄の「名古屋市立大学大学院経済学研究科(鵜飼)」までお願いいたします。