まちじゅうがキャンパス

蛇口の向こう~水源の森へ!

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

自然共生(生物多様性・気象・自然体験)

B-57

  • 座学
  • 屋外実習
企画運営者
公益社団法人日本山岳会東海支部・猿投の森づくりの会
講座概要

ふだん何気なく使っている水道の水が、どこからどのように送られてくるのか瀬戸市の馬ヶ城浄水場をモデルに、その水源となっている森の貯水池や渓流を訪ね、森に降った雨が地下に蓄えてられて少しずつ川に流れ出る働きなどについて考え、さらに森を健全に維持するための手入れ作業を体験してみましょう!

Check!

受講対象:小学生以下は保護者同伴必須。

歩きやすい靴、一部ぬかるみもあり汚れてもいい服装でお越しください。少雨決行。

個別受講可ですが、ストーリー性のある講座なので、できるだけ全回通しての受講をおすすめします。

★詳細は個別にご案内をお送りします。

詳しくは[蛇口の向こう~水源の森へ_第1回チラシ]をご覧ください。

受講対象
一般/小学生/大学生/親子
受講料
200円
定員
15名
備考
個別受講可
※下のイラストかCheck!欄のPDFをクリックすると、水の流れの全体イメージを表示できます。

子どもOK!

日程受講形式個別受講料会場
12019年12月26日(木) 9:30~12:00
  • 屋外実習
200円瀬戸市馬ヶ城浄水場(瀬戸市)
85年前から水を作り続けている浄水場を見てみよう! 馬ヶ城浄水場は古くから尾張瀬戸駅周辺の市の中心部へ水を供給しています。まずその浄水場施設と送られてくる水のみち、水のようすを見てみましょう! 阪幹宏、加藤孝一(瀬戸市役所浄水場管理事務所)
22020年1月25日(土) 9:30~13:00
  • 座学
  • 屋外実習
200円東大赤津研究林(瀬戸市)
水源の森の働きについて考えてみよう! 100年近くにわたって森と水、人の相互作用について研究が続けられている東大の研究所と研究林で水と森の関係、森の働きなどについて考えてみよう! 澤田晴雄(東大生態水文学研究所)
32020年2月22日(土) 9:30~13:00
  • 屋外実習
200円愛知県有林やまじの森(瀬戸市)
水源の森の貯水池、森の渓流を歩いて訪ねてみよう! 浄水場の水源になっている森の貯水池とそこに流れ込む渓流、その周りの森の姿を歩いて見てたどります。 大塚正数(猿投の森づくりの会)
42020年3月28日(土) 9:30~13:00
  • 屋外実習
200円愛知県有林やまじの森(瀬戸市)
森の手入れ作業を体験しよう! 森の働きを健全に維持するためには、適切に手を入れる必要があることを理解し、実際に手入れ作業を体験してみましょう! 後藤眞矢(猿投の森づくりの会・森林インストラクター)

問い合わせ・申し込み先

公益社団法人日本山岳会東海支部・猿投の森づくりの会
担当者 尾関正吉

受講申し込み
メールフォーム

参加者全員のお名前、学年(年齢)、性別、ご住所、お電話番号、メールアドレスを、メールフォームまたはFAX(猿投の森づくりの会・尾関宛て)にお送りください。
申込み締切12月8日(日) ※応募者多数の場合は抽選。

は必須項目です。

大人 名   子ども

※ 個人情報の取り扱いにつきましては、[サイトポリシー]のページをご確認ください。

携帯電話番号
090-9943-6614
ファクシミリ番号
052-322-7924
ウェブサイトURL
http://sanagenomori.doorblog.jp/
備考
参加者全員のお名前、学年(年齢)、性別、ご住所、お電話番号、メールアドレスを、メールフォームまたはFAX(猿投の森づくりの会・尾関宛て)にお送りください。
申込み締切12月8日(日) ※応募者多数の場合は抽選。