まちじゅうがキャンパス

【徳川園共催】昆虫王国~都会の中できらめく命~

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

自然共生(生物多様性・気象・自然体験)

E-01

  • 座学
  • 屋外実習
企画運営者
東生涯学習センター
講座概要

東区の都会の中にあって貴重な自然を守っている徳川園で、トンボやセミの生態について学んだり、ふれあったりします。

自分で捕まえた「マイヤゴ」を育てる体験を通して、生命の不思議さや自然の大切さを感じてみませんか。

メッセージ

○第1回目は公開講座として実施し、定員80名、当日先着順、開場は開始30分前とします。受講者分の座席は確保しておりません。当日先着順受付となりますのでご注意ください。

・第1回公開講座につきましては、9:30~黒門口と大曽根口の2か所の入り口で整理券を配布します。(定員になり次第配布終了)

・現地学習にかかる交通費、また第1回目の公開講座開催時の徳川園への入園料300円(市内在住の65歳以上は100円、小学生は無料)は、自己負担とします。


○第2回目~4回目は黒門口集合。

会場:徳川園内・ガーデンホール

持物:飲み物・タオル・雨合羽(雨天時)・空の2Lペットボトル(第2回目持参)

服装:帽子・長袖・長ズボン

受講対象
親子/小学生と保護者
受講料
1350円
定員
36名
備考
個別受講不可
第1回は公開講座のため無料・定員80名
第2回~定員:36名(保護者1名につき、小学生1名または2名でお申し込みください。)、受講料:1,350円(小学生2名の場合は1,800円となります。)

子どもOK!

日程受講形式個別受講料会場
12018年7月16日(月) 10:00~12:00
  • 座学
無料徳川園(東区)
【公開講座】【現地学習】都会の中できらめく命 徳川園をはじめとした都会の水辺に生息するトンボを通じてトンボの生態や水辺環境との関係を学ぶ。※当日9:30~黒門口と大曽根口にて整理券を配布します。※徳川園への入園料は自己負担となります。 松沢 孝晋(日本トンボ学会会員)
22018年7月30日(月) 10:00~12:00
  • 屋外実習
上記参照徳川園(東区)
【現地学習】トンボのヤゴを育てよう トンボの成虫やヤゴの採集を行う。ヤゴの飼育器を作り、飼い方を学ぶ。トンボとふれあう喜びを実感するとともに、ヤゴを育てることを楽しみながら、命の誕生や自然の大切さを学ぶ。 石原 則義(愛知県自然観察指導員連絡協議会事務局長)
32018年8月6日(月) 10:00~12:00
  • 屋外実習
上記参照徳川園(東区)
【現地学習】セミをつかまえよう セミの生態や捕まえ方について学んだ後、成虫や抜け殻の採集を行う。セミと触れ合う喜びを実感するとともに、セミを捕まえることを通じて、発見する喜び、楽しさを体感する。 石原 則義(愛知県自然観察指導員連絡協議会事務局長)
42018年8月20日(月) 10:00~12:00
  • 屋外実習
上記参照徳川園(東区)
【現地学習】トンボ図鑑を作ろう 育てたマイヤゴの発表、成虫の採集を行う。トンボ図鑑を作り、生態についてまとめを行う。トンボ図鑑作りを通して、身近なトンボの生活や生き物の多様性を学ぶ。 石原 則義(愛知県自然観察指導員連絡協議会事務局長)

問い合わせ・申し込み先

東生涯学習センター

受講申し込みの受付を終了しました

住所
〒461-0004名古屋市東区葵一丁目3番21号
電話番号
052-932-4881
ファクシミリ番号
052-932-4882
備考
申込締切:平成30年6月13日(水)必着締切。
往復はがきまたは名古屋市電子申請サービス(https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/)による申込。
※第1回目は公開講座(定員80名、当日先着順・整理券配布)。
応募多数の場合は、締切日の翌日抽選。
キャンセルが出た場合、抽選からもれた方を繰り上げで当選とさせていただく場合がございます。