まちじゅうがキャンパス

オーガニック講座~有機農法・自然農法を学ぶ

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

複合(2つ以上の視点をもつもの)

B-72

  • 座学
企画運営者
オーガニックファーマーズ名古屋
講座概要

有機農法・自然農法は環境活動と切り離すことができません。地域循環・自然の力の活用・生物多様性・ごみ問題などを考えながら取り組めるよう、農業に関わってきた講師から有機農法・自然農法にかかわるさまざまな分野の基本的な知識を学びます。

連続受講は6000円。

受講対象
一般/大学生/親子
受講料
1500円
定員
20名
備考
個別受講可
日程受講形式個別受講料会場
12017年10月26日(木) 18:30〜21:00
  • 座学
1,500円名古屋建設業協会(東区)
農家の会計、どう対処すればいいんだろう。 個人農家は経営者でもあります。会計や税金の申告も、自らの手で行わなくてはなりません。税理士の大澤憲明さんは、以前は有機農家でした。そうした経験から、有機農家が会計にどう向き合えばいいのかうかがいます。 大澤憲明(大澤税理士事務所)
22017年11月16日(木) 18:30〜21:00
  • 座学
1,500円名古屋建設業協会(東区)
有機での新規就農が成功するために、必要な技術と条件とは 高知で長く新規就農希望者の育成に力を尽くしてきた山下さん。山下さんから見た新規就農者が成功するために必要な技術と条件や就農後に取り組むべきことについて、うかがいます。 山下一穂(有機農業参入促進協議会代表)
32017年12月21日(木) 18:30〜21:00
  • 座学
1,500円名古屋建設業協会(東区)
有機栽培による苗づくりの技術 種苗会社の生産部門で指導的な立場にいた高谷さんは、岐阜県白川町で就農し、堆肥・育苗培土づくりを中心に据えた農業に取り組んでいます。「苗半作」―栽培の半分は苗で決まるという言葉があるほど、大切な苗づくりについてうかがいます。 高谷裕一郎(五段農園)
42018年1月18日(木) 18:30〜21:00
  • 座学
1,500円名古屋建設業協会(東区)
土壌診断で自分の畑の状態を知る 自分の畑の土はどんな土なのか―農家本人も畑の土の状態がわからないということをよく聞きます。簡単な土壌分析の方法を知れば、自分でも畑と向き合うことができます。土壌分析の大切さとその方法について学びます。 (公財)自然農法国際研究開発センター
52018年2月15日(木) 18:30〜21:00
  • 座学
1,500円名古屋建設業協会(東区)
土づくりの技術 有機・自然栽培の基本になるのは「土づくり」。まず野菜が育ちやすい環境を整えることで、持続可能な農業に取り組むことが可能になります。土づくりの第一人者、橋本さんにうかがいます。 橋本力男(堆肥・育土研究所長)
62018年3月15日(木) 18:30〜21:00
  • 座学
1,500円名古屋建設業協会(東区)
中山間地域で取り組む自然栽培の経営と技術 小水力発電で知られる石徹白(いとしろ)で自然栽培に取り組む稲倉さん。平地とは違う山地独特の経営と、自然栽培の技術について、うかがいます。 稲倉哲郎(農園サユールイトシロ)

問い合わせ・申し込み先

オーガニックファーマーズ名古屋

住所
〒461-0001名古屋市東区泉1-13-34 名建協ビル2F
電話番号
052-265-8371
ファクシミリ番号
052-308-3417
ウェブサイトURL
http://www.asaichimura.com/
備考
参加を希望される日・お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス・受講動機を記載のうえ、メールかFAXでお申し込みください。

受講申し込みメールフォーム

参加を希望される日・お名前・ご住所・電話番号・メールアドレス・受講動機を記載のうえ、メールかFAXでお申し込みください。

*印は必須項目です。

大人 名   子ども

※ 個人情報の取り扱いにつきましては、[サイトポリシー]のページをご確認ください。