まちじゅうがキャンパス

エビデンス を 「つかう」 を 学ぶ 入門 ワークショップ-現場での取り組み改善、効果的なプログラム開発、既存のプログラムの再構築のために-

連携講座
なごや環境大学の趣旨に賛同する連携団体が実施する「環境首都なごや」を盛り上げる事業・イベント・講座です。

人づくり(人材育成・スキルアップ)

co11

  • 座学
  • 討論・ワークショップ
企画運営者
認定NPO法人 名古屋NGOセンター
講座概要

近年、実証研究で得られたエビデンスに基づく実践(EBP:Evidence- based Practice)の重要性に注目が集まっています。英国や米国では、教育・福祉・非行分野等でもEBPが行われ、日本でもその導入に向けた動きが進んでいます。市民活動・NGO/NPOの分野でもEBPはこれから大事な考え方となりそうです。一方、「エビデンス」は、適切に使われなければ、間違った結論が「エビデンスに基づく」として主張されてしまう危険性もはらんでおり、エビデンスを正しく解釈し使える専門性(エビデンス・リテラシー)が求められています。そこで、エビデンスを見分け、つかうことができる反省的実践家を育てるワークショップを開催します。

Check!

次のような思いを持っている方におススメの講座です。

「NPO、市民活動の事業評価に関心のある方」「自分たちの活動の成果をしっかり評価したい方」

詳しくは[【名古屋】エビデンスWSチラシ]をご覧ください。

受講対象
/国際協力・教育・福祉・保健・非行分野等の実務家やエビデンスに基づく実践に関心のある方等
受講料
3000円
定員
45名
備考
個別受講可
ただし、2日間参加できる方を優先
日程受講形式個別受講料会場
12019年10月5日(土)10:30~17:30
  • 座学
  • 討論・WS
3000円伏見ライフプラザ12階 ソレイユプラザ研修室(中区)
「つかう 」 意義と批判的 吟味の基礎を学ぶ
・エビデンスをつかうとは?なぜ、つかうのか ・エビデンスを見分けるための批判的吟味の 講義 ・研究 論文の 探し方
津富 宏 さん(静岡県立大学教授)、西郷 民紗 さん(HITOTOWA 、 Early Intervention 勉強会)
22019年10月6日(日)9:30~16:30
  • 座学
  • 討論・WS
3000円伏見ライフプラザ12階 ソレイユプラザ研修室(中区)
批判的吟味を身に着け、現場への適用を考える
・批判的吟味の実践グループワーク ・現場での適用
津富 宏 さん(静岡県立大学教授)、西郷 民紗 さん(HITOTOWA 、 Early Intervention 勉強会)

問い合わせ・申し込み先

認定NPO法人 名古屋NGOセンター(田口)

受講申し込み
受付終了

電話番号
052-228-8109
ウェブサイトURL
http://www.nangoc.org/information/ebp.php
備考
①URL から。http://www.nangoc.org/information/ebp.php。申込み方法フォームより
②メールアドレスから。「お名前」「ご所属」「電話番号」「参加を希望する日にち」「メールアドレス」「期待すること」をお伝えください。
※2日間参加できる方を優先。
※先着順のため、定員に達した場合は受付を終了致します。
※限られた人数のみの参加受付となりますので、申込後のキャンセルは原則ご遠慮ください 。