まちじゅうがキャンパス

里山の保全とシイタケ菌打ち

連携講座
なごや環境大学の趣旨に賛同する連携団体が実施する「環境首都なごや」を盛り上げる事業・イベント・講座です。

自然共生(生物多様性・気象・自然体験)

co21

  • 屋外実習
企画運営者
相生山緑地オアシスの森くらぶ
講座概要

相生山緑地オアシスの森は、市民が散策できる里山公園として人気があります。景観の良い散策環境を維持するためには、除間伐が必要になります。今年の台風で倒れたコナラなどの大径木の整理作業で発生した材木を利用して、シイタケの駒菌打ちを楽しみます。参加家族にはシイタケほだ木を1本記念に持ち帰りしていただきます。電動ドリルやカナヅチを使った作業となるため、作業前にけが防止のための注意点について説明し、指導員を複数配置します。少雨決行。

Check!

里山の保全作業で発生した伐採木(コナラ、アベマキなど)を利用して、シイタケの駒菌打ちを行い、里山資源の有効利用を体験できる。

持ち物:作業のできる服装。帽子、軍手、タオル。

詳しくは[添付ファイル]をご覧ください。

受講対象
一般
受講料
500円
定員
備考
個別受講可
日程受講形式個別受講料会場
12019年2月23日(土) 13:00〜14:30
  • 屋外実習
500円名古屋市天白区菅田3 相生山緑地オアシスの森
里山の保全とシイタケ菌打ち ウッドデッキ集合(12:45)
駐車場は双子池口、相生口にあります。
個別受講料は1家族/シイタケほだ木1本つき

問い合わせ・申し込み先

相生山緑地オアシスの森くらぶ(大舘 学)

受講申し込み
受付終了

電話番号
052-891-8393