動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

2020年8月

受賞作品決定のお知らせ(ガイドブック2020後期表紙デザイン)
2020-08-18 15:40

なごや環境大学では、「多様性のめぐみ / Benefits of Biodiversity」をテーマにした「なごや環境大学ガイドブック 2020後期 表紙デザインコンペティション」を実施しました。

厳正なる審査の結果、入賞作品が決定しましたので、お知らせします。

【最優秀賞】2020後期ガイドブック表紙

服部 志保さま(愛知県/あいち造形デザイン専門学校)

<デザインコンセプト>

自分たちの目には見えない小さな世界の中で数多くの命が存在し、私たちの生活を支えてくれていると思いました。そこから、命の多様性を感じた為、様々な微生物のイラストで「多様性のめぐみ」を表現しました。

 

【入選】

アイシャ リナ ウリマスさま(愛知県/あいち造形デザイン専門学校)

<デザインコンセプト>

私のカバーデザインのコンセプトは、多様性とは何かを説明するために地球上で見つかるあらゆる種類の生命を示すことですが、理解を容易にするためにそれを単純に保ちます。住むのに最高の場所を得るためには、すべてがバランスが取れていなければならないことを示すために。

 

【入選】

今山マリアさま(愛知県/あいち造形デザイン専門学校)

<デザインコンセプト>

自然と生き物が一緒に住んでいて、両方がお互いに必要として描きました。影を使って、普通のフラットなデザインではなく、深くに見える絵を描きました。私たちの地球は一つのレヤーではないので、自分の目で、もっともっと深くに見えましょうと言うメッセージを伝えて欲しいです。

 

【入選】

成瀬 由宜さま(愛知県/あいち造形デザイン専門学校)

<デザインコンセプト>

「自然、生き物との共存」をコンセプトにデザインをしました。パンダやキリンなどの大きな動物とニホンリスなどの小動物を一緒に配置することで共存と多様性を表現しました。また全体をグラデーションで表現することで、より多様性を意識できるようなデザインにしました。

 

【入選】

太田 遥さま(愛知県/日本デザイナー芸術学院)

<デザインコンセプト>

テーマから「みんな違ってみんないい」をコンセプトに、似て非なるかたちを敷き詰めることで一人一人の個性が自然をより豊かに彩っていることを表現しました。