動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

【開催報告】 なごやの環境平成史 第1回「目に見えない化学物質!名古屋の空気に影響は?」

2019-12-08 11:02

開催日:2019年11月30日(土)
場 所:名古屋市環境学習センター(エコパルなごや)
主 催:「なごや環境大学」実行委員会
講 師:大場和生氏(中部大学非常勤講師)


改元から半年。
節目の年である本年、改めて平成という時代に起こった環境問題やその解決に向けた取り組みなどを体系的に振り返る講座がスタートしました!

記念すべき第1回は、名古屋市役所入庁以来、名古屋市環境科学調査センターにおいて長年にわたり大気汚染物質・ダイオキシンなどの分析業務に従事され、退職後の現在は中部大学非常勤講師として分析化学などを教えていらっしゃる大場和生先生をお迎えしました。
「目に見えない化学物質!名古屋の空気に影響は?」と題しまして、大気中の化学物質測定方法や名古屋の大気汚染状況の推移、ダイオキシン・アスベストなどの化学物質による健康被害のお話などを伺いました。

1時間半という講演の時間が短く感じられ、質疑応答の時間では質問が飛び交い、時間切れとなってしまうほど。

講座後のアンケートでも「仕事に役立つ知識をまとまった形で聞くことができて勉強になった」「それなりに詳しいつもりだったが、初めて知ることが多かった」「専門的で楽しかった」などのお声をたくさんお寄せいただきました。

名古屋市の環境基本計画にある4つの都市像にも対応している本講座。
第1回は終了しましたが、残り3回は「資源循環」(12/14)、「気候変動」(1/11)、「生物多様性」(2/8)と毎回異なったテーマで開催します。
過去を振り返り、令和の環境を一緒に考えていきませんか?
既にお申し込みいただいている方はお楽しみに!

これから申し込まれる方は講座のページ
https://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza19a/A-04.html
をご確認のうえ、是非お早めにお申込みください!

たくさんのお申し込み、お待ちしています!