知りたいことがここにある

SNPマップ

市民が支える「持続可能な都市なごや」プロモーション事業

SNPとは、Sustainable Nagoya Promotion(持続可能な都市なごやプロモーション)の略で、市民・市民団体・NPO・企業・行政が、一緒になり、4つのE(環境・経済・教育・社会的公正)の視点から考え、現在のなごやを改めて見直して魅力を探り、名古屋学芸大学の学生を中心にイベントの企画、ワークショップの運営、動画撮影・制作をしています。なごや環境大学実行委員、企業、行政を協働主体として発足し、2011年度より活動しています。

SNPマップは、東山の森、藤前干潟、名古屋港などの多くの自然や社会資源の特性を、テーマ毎に分けてマップを制作しました。名古屋市には資源循環に関わる施設も多数立地しており、これらの空間・場・施設の特性をまとめ、環境問題に取り組む団体や企業、施設を取材し、環境に関連する自然・教育・循環・エネルギー・衣食住の5つのテーマからマップを2種類作成しています。