まちじゅうがキャンパス

里山の魅力を体験〜名古屋の里山、守山の自然〜

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

自然共生・生物多様性

E-02

  • 座学
  • 屋外実習
企画運営者
守山生涯学習センター
講座概要

原生的な自然と都市との中間に位置する「里山」。林、農地、ため池などは人間の働きかけを通じて環境が形成・維持されてきました。しかし、里山の多くは管理放棄や開発などにより、大きな環境変化を受け、里山における生物多様性は、質と量の両面から問題になっています。里山に関する学習を通して、人間と自然の関係について考えてみませんか。

受講対象
一般/大学生
受講料
1200円
定員
30名
備考
個別受講不可
第1回の公開講座は、個別受講可・事前申込不要・受講料無料・定員50名・先着順
日程受講形式個別受講料会場
12017年5月20日(土) 10:00〜12:00
  • 座学
無料守山生涯学習センター視聴覚室(守山区)
【公開講座】名古屋の里山、愛知の里山
〜考えてみませんか、自然と人の関わり〜
里山についての定義や保全について学習を行った後、日本全国の里山の状況や愛知・名古屋市における里山保全の取り組みについて学習します。この回のみ、事前申し込み不要・先着順・無料で行います。
吉田耕治(金城学院大学薬学部研究員)
22017年5月27日(土) 10:00〜12:00
  • 屋外実習
連続受講料1200円金城学院大学(守山区)
【現地学習】大森の里山を訪ねて(1)
〜金城学院大学の取り組みから考える〜
金城学院大学では、「キャンパス里山化計画」として、環境問題に対する取り組みを行っています。地球温暖化対策や生物多様性の持続などの重要性について学びます。
吉田耕治(金城学院大学薬学部研究員)
32017年6月3日(土) 10:00〜12:00
  • 屋外実習
-金城学院大学(守山区)
【現地学習】大森の里山を訪ねて(2)
〜八竜緑地の湿地から学ぶ〜
金城学院大学校の東側にある八竜湿地には、東海丘陵要素植物群といわれる世界で東海地方だけにしかない貴重な植物も分布しています。その見学とともに環境保全の取り組みについて学びます。
吉田耕治(金城学院大学薬学部研究員)
42017年6月10日(土) 10:00〜12:00
  • 屋外実習
-金城学院大学(守山区)
【現地学習】大森の里山を訪ねて(3)
〜体験!里山を守る取り組み〜
里山保全活動として、「竹林の手入れ」「炭焼き」などを行っています。そのうちのいくつかを体験し、保全活動を体感するとともにその重要性について学びます。
吉田耕治(金城学院大学薬学部研究員)
52017年6月17日(土) 10:00〜12:00
  • 座学
-金城学院大学(守山区)
自然と人との共生とは
〜東海丘陵要素植物から考える生物多様性〜
原生林の保護活動のみが環境を守るのではなく、人の手が入っている環境も共生には重要です。金城学院大学周辺の自然の変遷も含めて、保全活動全般について学習します。
吉田耕治(金城学院大学薬学部研究員)

問い合わせ・申し込み先

守山生涯学習センター

住所
〒463-0067守山区守山三丁目2-6
電話番号
052-791-7161
ファクシミリ番号
052-791-7162
ウェブサイトURL
https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/
備考
往復はがき、または、電子申請サービスによる申込(https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/)、4月26日(水)必着。※申し込みは3月下旬から。詳しくは「守山生涯学習センター講座のご案内」にて。

受講申し込みの受付を終了しました