まちじゅうがキャンパス

熱田から発信する環境メッセージ II 〜都市のレジリエンス〜

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

総合

E-19

  • 座学
  • 屋内実習
企画運営者
熱田生涯学習センター・熱田区役所
講座概要

“レジリエンス”とは、都市が持続的に発展していくためには、災害等からの復元力、強靭性が求められるという概念です。“熱田”の地は、1900年以上に亘って繁栄してきました。熱田、名古屋が、これからも発展していくことができるよう、災害や環境問題への対応をはじめ“レジリエントなまちづくり”について考えます。

受講対象
一般
受講料
600円
定員
備考
個別受講不可
公開講座のみ個別受講可、定員66名(事前申込不要・先着順・無料)
日程受講形式個別受講料会場
12017年1月24日(火) 13:30〜15:30
  • 座学
無料熱田区役所(熱田区)
【公開講座】【現地学習】熱田発!レジリエントなまちづくり 熱田の歴史や自然、過去の災害や戦災からの復興を通して、「レジリエントなまちづくり」について考えます。(定員:100名) 浅井愼次(熱田区長)
22017年1月31日(火) 13:30〜15:30
  • 座学
無料熱田区役所(熱田区)
【公開講座】【現地学習】気候変動に適応するまちづくりを考える 進む気候変動(地球温暖化)の悪影響をできるだけ小さくする対策を「適応策」と言います。私たちの暮らしやまち、社会をどのように適応させていけばよいのでしょうか?(定員:100名) 杉山範子(名古屋大学大学院環境学研究科特任准教授)
32017年2月14日(火) 13:30〜15:00
  • 座学
  • 屋内実習
東邦ガス(株)本社(熱田区)
【現地学習】災害に備えたエネルギー供給の取り組み 防災対応施設の見学を通して、災害に備えたエネルギー供給の取り組みを考えます。(定員:30名) 河野順平(東邦ガス(株)総務部防災グループマネジャー)
42017年2月21日(火) 13:30〜15:30
  • 座学
熱田生涯学習センター(熱田区)
守ろう地球環境 広げよう食品リサイクル 食品リサイクルの取り組みについて学ぶことを通して、持続発展可能なまちづくりについて考えます。(定員:30名) 村平光士郎(バイオプラザなごや代表取締役社長)
52017年2月28日(火) 13:30〜15:30
  • 座学
名古屋学院大学白鳥学舎(熱田区)
【現地学習】熱田”これまで”と“これから” これまでの熱田を振り返り、これからの熱田を“まちの資産”を通して展望します。(定員:30名) 井澤知旦(名古屋学院大学現代社会学部教授)

問い合わせ・申し込み先

熱田生涯学習センター・熱田区役所

住所
〒456-0036名古屋市熱田区熱田西町2-13
電話番号
052-671-7231
ファクシミリ番号
052-671-7232
備考
※第1回・第2回の公開講座は、個別受講可能・事前申込不要・無料・定員100名・先着順。詳しくは、熱田生涯学習センター発行「講座案内」をご覧ください。
【申込】往復はがき、または、インターネット(名古屋市電子申請サービス)による申込。平成28年12月5日(月)必着。

受講申し込みの受付を終了しました