まちじゅうがキャンパス

テクノロジーカフェ

共育講座
市民・市民団体、企業、学校・大学、行政が「持ち寄り」で企画運営する「共に育つ」講座です。

総合

B-73

  • 座学
企画運営者
公益社団法人日本技術士会中部本部・中部倫理委員会
講座概要

テクノロジーカフェは、おいしいコーヒーを飲みながら、技術者と一般の人が集まって身近な技術についてのテーマについて、ざっくばらんに語ることができる場です。今回は、「スポーツ・健康」をテーマに様々な切り口で話題提供します。環境とテクノロジーは、人類にとって切っても切れない関係です。様々なテクノロジーについて話題提供することを通じて、環境の大切さを皆で話し合えたらと思います。

受講対象
一般/小学生/中・高校生/大学生/親子/テーマに興味があれば小学生も参加できます
受講料
500円
定員
20名
備考
個別受講可

子どもOK!

日程受講形式個別受講料会場
12016年10月23日(日) 10:00〜12:00
  • 座学
500円TABI CAFE(熱田区)
スポーツ心臓とゾウとネズミの時間 アスリートのスポーツ心臓の機能と長寿のゾウや短命のネズミの生涯の心拍数や呼吸との関係を比較します。 長谷川欽一(技術士 経営工学)
22016年11月27日(日) 10:00〜12:00
  • 座学
500円TABI CAFE(熱田区)
体脂肪計の仕組み教えます。
〜あなたの健康測ります。〜
正しく計測することは、スポーツ能力向上、健康増進、はたまた環境問題の改善にもつながります。 今回はコンピュータの専門家がスポーツ・健康に欠かせない計測について話題提供します。
倉地晴幸(技術士 情報工学・総合技術監理)
32016年12月18日(日) 10:00〜12:00
  • 座学
500円TABI CAFE(熱田区)
【特別講座】祝 テクノロジーカフェ100回越え:アトムとゴジラと科学コミュニケーション みなさんご存知のアトムとゴジラを日本の科学技術思想という観点から見直してみます。そこから、科学と市民のあるべき関係、それをつなぐ科学コミュニケーションのあるべき姿について考えましょう。って、すごく盛り沢山なんですけど、大丈夫でしょうか? とにかくやってみましょう! 戸田山 和久(名古屋大学大学院情報科学研究科教授)
42017年1月22日(日) 10:00〜12:00
  • 座学
500円TABI CAFE(熱田区)
水とスポーツの切れない関係 /
スポーツ環境を考えよう
炎天下のスポーツは、水分補給が義務づけられ、スポーツ環境と水は、切っても切れない関係となっています。 今回さらに、いくつかの環境要因とスポーツの関係について話題を提供します。
山口 正隆(技術士 農業)
52017年2月26日(日) 10:00〜12:00
  • 座学
500円TABI CAFE(熱田区)
健康の哲学?−健全な思考で健康を考える− 私たちは生活習慣や生活環境を改善し、健康になろうと努めます。しかし、健康とは何でしょう?よく考えてみると、捉えどころがないような気がしませんか?今回は健康についてじっくり考えてみます。 清水右郷(名古屋大学情報科学研究科博士課程専門:哲学)
62017年3月26日(日) 10:00〜12:00
  • 座学
500円TABI CAFE(熱田区)
ネイチャーテクノロジーを考えてみよう。 ミツバチの巣の正六角形構造などのように、自然界の動物や植物が持つ運動能力や生活能力は人間のものづくりに役立っています。そんなネイチャーテクノロジーについて語ろう。 加藤信夫(技術士 建設・総合技術監理)

問い合わせ・申し込み先

公益社団法人日本技術士会中部本部・中部倫理委員会(倉地 晴幸)

電話番号
0572-44-2605
ファクシミリ番号
0572-44-2605
Eメールアドレス
haruyuki_2k@yahoo.co.jp
ウェブサイトURL
http://chubu-ipej.sakura.ne.jp/et/index.html
備考
メール(タイトルに“テクノロジーカフェ”を入れてください)
★参加者全員の氏名のご記入をお願いいたします。
送信先:haruyuki_2k@yahoo.co.jp、電話/FAX:0572-44-2605
※第3回の内容をガイドブック掲載時より変更しました。

受講申し込みの受付を終了しました