動かそまい!NAGOYA

重点プロジェクト

なごや環境大学は持続可能な都市の実現に向けて、社会の多様な主体が「行動しやすくなるしくみづくり」を推進する、さまざまな重点プロジェクトに取り組んでいます。

国連生物多様性の10年日本委員会の連携事業として認定

2016-10-04 15:27

UNDBJ10「なごや環境大学」が、2016年10月3日付けで国連生物多様性の10年日本委員会の推奨する連携事業として認定されました。

<認定のポイント>
○多様な主体の連携:地域のNPO、企業、大学、自治体などの協働により運営する事業です。
○取組の重要性:地域の市民や企業、自治体などが企画する、名古屋市や愛知県をフィールドとした生物多様性に関連する保護や普及啓発活動が促進されること、市民の当事者意識向上の効果が期待されます。
○取組の広報の効果:他の地域でのモデル事業となるほか、参加者の増加により事業効果の拡大が期待されます。

詳しくは[国連生物多様性の10年日本委員会ホームページ]をご覧ください。

https://undb.jp/authorization/3483/